付き合っているからには、相手をいかにドキドキさせる意識も大事です。

真面目にデートすることも大事ですが、時には小悪魔になって相手を誘惑させることも、恋のドキドキに一役買うはず。

そこで今回は、男性がドキッとする恋人からのセリフを考えてみました。

好きな人との関係を盛り上げたい女性のみなさんは、ぜひ実践してみてください!

(1)「〇〇のそういうところ大好き」

日ごろから、彼に対して「大好き」と素直に言えていますか?

心では思っていても、恥ずかしさから、口にできない女性は多いのでは。

そんなときに意識したいことが、彼の性格や考え方、体のパーツを褒めることです。

たとえば「〇〇のそういう優しいところ大好き」「〇〇の腕、たくましくて好き」などですね。

「大好き」と、単体で言うことって言いづらいですが。あるものを指すなら、言いやすいのでは?

ちょっと小悪魔風に、意識して言ってみてください。

「〇〇のそういうところ、嫌いじゃない」「〇〇のこれ、大好き」など――。

意味深な言い方に、彼もドキッとするはず。普段とは違ったあなたの様子に、あなたへの興味関心も高まるかもしれません。

(2)「〇〇に任せるよ」

恋人の存在は、生活をしていくうえで、とても大きなものです。

心から信頼できる恋人ほど、一緒にいてこれほどまでに力強く感じられることはないでしょう。そうした信頼は、付き合っていても何気ないシーンに表れると思います。

たとえば、デートの行き先。外食先のメニュー注文時。「〇〇に任せるよ」「〇〇が言うなら、そこに行ってみようか」など。相手を信頼し、相手の判断にいかに身を任せられるか。それらの言葉から、感じ取れることは多いでしょう。

悩んだり、困ったりすることがあれば、「〇〇のほうが詳しいから」「〇〇が決めて」といったニュアンスで言ってみては。

彼は頼りにされていると感じられて、嬉しくもあり、ドキッとするはず。

普段あまり彼に弱みを見せない女性ほど、男性は同様に感じると思います。

(3)「〇〇は賢いね」

大好きな人から褒められる言葉ほど、自信になるものはありません。

好きな人が好きなのは、相手から尊敬できること、すごいと思えることがあるからでは。

付き合っていて、デートしていて、なにか思うことがあれば、ぜひ積極的に口にしてみて。

「〇〇は器用だね」「さすがお金持ち!」など、なんでもいいと思います。

ただし、彼のことをすごい、見習いたい気持ちがあって言えると、彼はこっぱずかしくも、嬉しく感じられるでしょう。

普段言われない、彼の良さを指摘できると、彼はよりドキッとし、あなたの存在を大きくすると思います。

おわりに

ドキッとするセリフをいかにして言えるかも、ふたりの関係に役立ってくるでしょう。
セリフひとつで、その場の雰囲気が決まることも多いです。

ぜひ前向きに、楽しいセリフを呟いて、相手との関係を作っていってください。

(柚木深つばさ/ライター)
(愛カツ編集部)