手相は元々あなたの手に刻まれていて、あなた自身の運勢を表すものです。

しかし、人生は刻一刻と変わりゆくもの。それに合わせて、手相も常に変化しています。

2019、この相が出ていれば恋に恵まれる!そんなハッピーな線が手のひらに刻まれてはいませんか?

そこで今回は「今年後半に恋愛運が高まる手相3選」をご紹介いたします。

ハート女子

1、「恋愛体質線」が出ている…悪縁を切っていれば新たな恋が

恋愛体質の線

感情線の途中に、上向きの細かい線が複数出ているのは、新しく好きな人が現れたり、恋人ができたりすることを意味しています。

恋が始まる前のウキウキとした高揚感が、あなたをさらに魅力的にして、両想いへと導いてくれるでしょう。

この線が出ていると、2019年下半期のあなたには恋のチャンスが目白押し。

多くの異性と関わるなかで、自分には“優しくて感受性の強い人”が合っていると気づくでしょう。

悪縁をキチンと切っておけば、秋~冬に理想の異性が現れ、いきなり告白されるかもしれません。

安定感があり、結婚相手にも最適な人でしょう。

ただし「恋に恋する」という状況にならないように、現実的なアクションも大切にしてください。思い切って飛び込む勇気を持ってみて。

2、「両想い線」が出ている…聞き上手をアピールすれば恋が実る

両想いの線

人差し指と中指の間~薬指と小指の間に刻まれる半円形の線を「金星帯」といいます。

この線は別名“エロス線”とも呼ばれ、これが切れ切れの場合は繊細で惚れっぽい性格の持ち主。

その場のムードや心の機微に敏感で、ちょっとしたことですぐに恋に落ちてしまうはず。

この線が出ていると、2019年下半期は、アクティブなタイプの異性とご縁がありそうです。

バーベキューやお鍋パーティーなどワイワイする場で、そのような人と出会う可能性大。そこで聞き上手であることをアピールできれば……恋愛へと発展しそう。

また、この線が刻まれているときは感性豊かになっているため、恋の痛みや喜びを表現する能力にも長けています。

いわゆる“恋愛体質”の状態であるので、両想いになる確率も高いでしょう。

3、「想われ線」が出ている…自分磨きをしていると声をかけられる

想われ線

生命線の中央部分あたりから、手のひらのくぼみ(火星原)に向かって2本の支線が出ている場合は、同時に二人以上の相手から愛される相の持ち主。

告白やプロポースを受けたり、あなたをめぐって恋の火花が散ることも……そんなモテモテの手相です。この線が出ていると、2019年下半期は、恋愛運上昇期に突入します。

真面目でしっかりした、あなた好みのタイプの異性に声をかけられそう。そこで恋をつかみとるためにも、この夏は自分磨きを忘れずに。

ダイエットや筋トレに力を入れると、恋愛運がさらにアップしそう。

しかしその分、八方美人や優柔不断は禁物。自分の気持ちをはっきり伝えて、誠実な対応を心がけましょう。本命から誤解されるような態度はNGです。

おわりに

もしもあなたが自分で恋愛運を高めたいと考えるなら、小指の下から人差し指や中指に向けて伸びる“感情線”を大切にしてください。

実は、マッサージをすることで、運気を高めることもできるのです。もしもマッサージするなら、感情線を下から上に向かって揉みほぐすようにすると、効果があるのです。

柔和な印象になり、異性からモテやすくなるでしょう。手相は、手を揉みほぐすことによって、血流が良くなり筋肉のコリがほぐれて、徐々に良い相へと変わっていきます。

2019年下半期、新鮮な運気を全身に行き渡らせるために揉んでみるのもアリかも!?

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)