いろんな事情はあれど、「彼と別れたい……」と思うこともあるでしょう。

ですが、別れるならできるだけきれいに別れたいもの。

泥沼になってしまったら、せっかく作ってきたいい思い出も台無しです。

それだけではなく、場合によっては恋愛のトラウマになってしまうことも……。

未来の新しい恋のためにもそれは避けたいですよね。

そこで、ここではあと腐れなくきれいに別れるための方法をアドバイスします。

「彼と別れたい…」あと腐れされなく、きれいに別れる3つの方法

相手に期待させてはだめ

別れると決めたら、きれいにすっぱりと別れることを考えましょう。

下手に思わせぶりなことをしてまだ復縁するチャンスがあると彼に思わせたら、彼はあなたを追いかけてくるかもしれません。

あなたは別れる用意ができていても、彼にはその用意がないのが普通です。

当然、あなたに対しても未練があるでしょう。

そこに、まだあなたと元通りになる可能性が見いだせるのなら、別れを告げても、彼はなかなかそれを受け入れてくれない、本気に受け取ってくれないということもあります。

別れてもまだ追いかけてくるなんて、彼がストーカーのように思えてしまうかもしれませんね。

そうなれば、次の恋に進むのはなかなか難しくなってしまいます。

彼をストーカー化させないためにも、期待させるような別れ方はしないようにしましょう。

新しい彼の存在を話してはだめ

新しく好きな人ができたから別れたいということも実際にはあることです。

ですが、彼にすればこれはひどい話ですよね。

こんなことをまともに聞けば、彼も嫉妬で発狂することでしょう。

愛しさも憎しみに変わって、二人の仲をめちゃくちゃにしたいと思うかもしれません。

まさに泥沼です。

そうならないためにも、新しい彼の存在があったとしても、別れる彼には告げるべきではありません。

それよりも、自分の次のステップのために別れを選んだということをしっかり告げましょう。

次のステップに行くために、彼の出る幕はないんだということが感じられれば、彼もいさぎよくあなたの未来を祝福するしかありません。

お互い清々しい気持ちでお別れできそうですね。

彼にちゃんと感謝をする

最後に彼と付き合って、ちゃんと成長できたことに感謝しましょう。

付き合い始めて、ドキドキした時や好きで好きでたまらなかった時があったはずです。

彼と一緒の時間を過ごして、様々な経験をして今のあなたがいます。

だから素直にそのことに感謝しましょう。

彼もお別れすることになっても、あなたがそう思っていてくれたんだと知るだけでずいぶん救われると思います。

相手をなるべく傷つけずに別れることも、きれいな別れには大事です。

まとめ

彼の悪いところを知って別れることになっても、最後に不満を言ってお別れするのはお互いのためによくありません。

彼も傷ついて、あなたに対する恨みが生まれてしまうかも。

泥沼化すれば長引く恐れもあります。

今の人とはしっかりけじめをつけないと、次の恋にも進みづらくなってしまいますので、どうかしっかりと伝えてあげてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)