素直なのはいいことですが、思ったことをそのまま口に出すと、思わぬ結果になることがあります。

デート中も同様、つい言ってしまいがちな一言で、男性を幻滅させてしまう危険があるようです。

そこで、デート中に気を付けたいNG言動をご紹介します。チェックして失敗を未然に防ぎましょう。

つい言いがち……!デート中「品がない」と思われてしまうNG言動4つ

食事に行ったとき

食事に行ったとき、なんとなく全体的に値段が高めだと「なんか全部高いね、この店」と言ってしまった

サービスがあまり良くなく、店員さんに文句を言うまでではないにしても、機嫌を悪くした。……上記のような経験はありませんか?

友だち同士なら、「わかる~!これなんかほら!」と、楽しい会話になるかもしれませんが、デートではNG。

相手の男性への不満ととられかねませんし、品がないと思われかねません。

微妙に思ったとしても、できる限り、一緒に食事ができる幸せを伝えるように努めましょう。

外を歩いているとき

歩いている道のことに対する不満も、あまり口に出さないほうがいいもの。

「ゴミ多くない?」「なんでこんなのが捨ててあるの?」「この辺なんかめっちゃくさい…」などといったところで、デートが楽しくなるわけありません。

むしろ、彼への文句と感じさせる可能性だって考えられます。

できる限り気に留めず、普通に通り過ぎるのが一番。

逆に、道や街並みが綺麗なら「いいところだね~」と、笑顔で言ってあげましょう。

デートスポットでの言動

つい言いがち……!デート中「品がない」と思われてしまうNG言動4つ

つい言ってしまうことで特に気を付けたいのが、「前に来たことがある」という発言。

それがもし、カップルでしかこないようなデートスポットだと、元カレと来たことや、他の男性と来たという話になりかねません。

デート中や、デートの計画中に、他の男の話が出ると、それを気にする男性も多いもの。

言い方次第では、「前に来たことあるし、どうせなら違うところが良かった」という発言に捉えられかねません。

うっかり「前に来た」と言ってしまった場合には、そのときとの違いとして、いまの状況が嬉しいことを伝えるフォローがいいかもしれません。

LINE着信に対する発言

デート中にスマホばかりをいじっているのは基本的にNGですが、着信に対する反応にも要注意。

送られてきたLINEの内容に対し、「え?」「は?」「うざ~」「なに言ってんの……。」など、声に出してしまった経験はありませんか?

デートや、隣にいる彼氏にはまったく関係のないことなので、それを聞いた男性は、デートに集中してもらっていないと感じるもの。

デート中のLINEは音を切ってあとで見る、見てしまったならば無言でスルーが一番です。

おわりに

あなたにも、「つい」やってしまうことがありませんでしたか?

一人でいるときや、友だちといるときは問題ないかもしれませんが、デートはコミュニケーションがデリケート。

ちょっとした言動で相手を傷つけてしまうこともあるので、思いやりを大切にした言動を心掛けてみてください。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)