モテるためには

あの子の周りには、いつも魅力的な男子がたくさん……。私もあそこまでとはいわなくても、せめて数人の男子に興味を持たれる存在になりたい……。そんなふうに思ったことはありませんか?

今回はモテるため自分でできる、ちょっとした工夫をご紹介。どれも、いますぐはじめられるものばかりです!

モテるためには

どの男性も特別な存在だと意識する

突然ですが、目の前にタイプの男性が現れたら、まず一番にどう考えますか?

おそらく、相手を知ろうとする前に、自分が釣り合うかどうかを考えてしまうのではないでしょうか?

「自分はモテない」と思っていると、自分のことばかりに目が行きがち。

せっかく好みの異性が表れても、相手が好意を示してくれるまでは、自分で動かない“待ち”の状態で、静観してしまう傾向にあるのです。

この、非モテの悪循環ともいえる状態を脱出するには、目の前にいるどの男性のことも“特別な存在”として意識する習慣をつけることが大切。

そうすれば、ひとりひとりに細やかな気遣いを示したり、笑顔を見せるよう努力したりするきっかけとなります。

少しずつ、“自分の欠点”ではなく、“相手が喜ぶこと”に目がいくので、印象も雰囲気もよくなっていくもの。

いざ好みの男性が表れたときにも、今度は相手への印象をよくする言動に、抵抗が少なくなっているはずです。

鏡で自分を見る回数を増やす

モテるためには
一日に何回鏡を見ていますか? メイクをするときや、お風呂や公共のトイレなど、必要なときにしか見ていないのなら、それが非モテの原因かもしれません。

ぜひ、特に鏡を見る必要を感じないときでも、鏡で自分の姿を見る癖をつけてみませんか?

これは意識の問題なのですが、人からどう見えるかを意識すると、表情を可愛く温かいものにしたり、姿勢を良くしたりするきっかけになります。

また、全身を映すなら、もっとスタイルを磨こう!という気持ちを、日々更新することにもつながるもの。

魅力的になる意識が強くなれば、おのずと日頃の生活から、魅力を磨く行動をとりやすいはずです。

時間とお金の使い方を見直す

週末や休日、帰宅後などの自由な時間は、なにをしていますか?

自分が気軽に楽しめることだけに、ダラダラ時間を浪費していないか、ぜひチェックしてください。

読書・映画・音楽など感性を磨く時間を増やせば、内面の魅力もアップできるもの。

また、お金の使い方も見直してみましょう。

ひとつひとつの金額は小さくても、コンビニなどでムダ遣いをしていると、魅力アップにはつながりにくいもの。

無駄遣いをやめてジムにいったり、ワンランク上のコスメを使ったり、オシャレを磨いたりと、自分に投資してみませんか?

「せっかくお金を使ってるんだから」と、普段の生活から、魅力的になろうという高い意識も保てるはずです。

おわりに

たしかに、容姿に恵まれていると思える人もいますが、見えないところで、実はすごく努力してる人だって多いもの。

なにもせず、自分自身で“非モテ”のレッテルを張ってしまっているなら勿体なさすぎます。

まずはできる意識改革から初めて、モテ期を自分の力で引き寄せていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)