相性が良いカップル

彼と自分のタイプが違いすぎると、「相性が合わない…」なんて諦めがちです。でも、“相性”がは、もともとあるものではなく、ふたりで作り上げていくもの。

ただ、その入り口でつまずいてしまっては、発展する恋も発展しなくなります。

そこで今回は、まず男性に「合うな」と思ってもらう方法をいくつかご紹介。

ふたりの“相性”を作り上げていくきっかけに、ぜひあなたも試してみませんか!?

相性が良いカップル

チューニングをする

“チューニング”とは、催眠療法などでも使われる手法です。

簡単に言えば、相手のペースやリズムに合わせていくこと。チューニングが上手くいけばいくほど、相手との一体感が得られ、リラックスしてもらうことができます。

たとえば、早口でしゃべる人に、のんびり対応していたら、相手はきっとペースのちがいにイライラしてしまうでしょう。

相手が早くしゃべる人なら、こちらも早く、ゆっくりならゆっくりと、最初は相手のペースに合わせるのがコツです。

そして、徐々に自分のペースに戻します。

ちょうど真ん中くらいの速さで、落ち着くことができれば、ふたりのリズムが完成します。

相手の好きなものに興味を示す

たとえば、彼はラーメンが大好きで、あなたはラーメンがさほど好きでないとします。

ところが、彼の行きつけのお店に思い切って行ってみたところ、そのお店の餃子がとても美味しかったとしたら……。

そこで“ふたりのお気に入りのお店”ができあがりますよね。

相手の好きなことをまずやってみる、知ってみる、見てみるなど、“興味を持つ”ことが大切。

合わなければそれでOKですが、最初から否定してしまうと、そのなかに共有できるものがあっても見逃してしまうのですから。

相手の生活リズムを知る

男性に「合うな」と思わせる
自分が朝方なのに、夜型の彼に合わせる必要はありません。

でも、相手の生活リズムを聞いてみて、彼が夜型だったとしたら、朝早くからデートに誘うのはやめようと思いますよね。

たとえば、お互いにとって都合のいい時間が昼の1時だったとしたら、その時間はふたりにとって“相性のいい時間”となります。

つまり、相手の生活リズムを知ることで、“合わせられるところ”を見つけるのがポイントです。

おわりに

見えやすいところの“相性”が合えば、それはそれで素晴らしいこと。

でも、ふたりで作り上げた“相性”だって、とても素敵だと思いませんか?

正反対なのになぜか仲の良いふたりは、こうやって“ふたりの相性”を作っているのですから。

隠れた“相性”がを見つけるためには、相手のことをよく知ることが大切。

彼に歩み寄って、自分と相手の共有できるところを、探していきましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)