結婚生活も長くなってくると、だらしない姿や、格好悪い姿も見てしまいます。

旦那さまから「新鮮さ」を感じることもなくなると、ときめきが減少していくのも当然のこと……。

心のどこかで「残念だな……」と思うことが多くなるかもしれません。

そこで今回は、旦那を男として見られなくなってしまったときの対策をご紹介。

手遅れになる前に……ぜひおためしください!

旦那を男として見られない……なにか対策はある?

仕事をしている姿を見る

旦那さまの姿を思い浮かべてみてください。

スウェット姿でゴロゴロしている、トイレのドアを開けっぱなしだったり、無精ひげであくびをしながらお尻を掻いていたり……。

これでは、ときめかないのも無理はありませんよね。でも、あなたが思い浮かべたのは、「家の中での姿」。

ときめくために、「外の姿」を見る機会を作りませんか?

もしも可能であれば、職場にお弁当を届けるなどして、旦那様の働いている姿を仕事現場を見に行くなど、なにか理由をつけて見に行ってみてはいかがでしょう?

素敵じゃない男性を見る

あなたは旦那のだらしない姿を知ってしまっており、しかもその姿を目にするほうが多いので、素敵な部分がかすんでしまいがち……。

だからといって、周りにいる素敵な男性を見るのは逆効果。旦那の悪い部分が余計に引き立ってしまいます。

そこで、「旦那のほうが素敵だわ」と思うような、「素敵じゃない男性」に目を向けてみてください。

あなたの周りにはいませんか?女性と見れば見下すような同僚や、セクハラパワハラが激しい上司、何かと口を突っ込んでくる近所の方……

思いのほか世の中には、「旦那で良かった!」と思えるような男性がたくさんいるのです。

自分が「女性」を意識する

旦那を男として見られない……なにか対策はある?

旦那のことを男として見られないという方のなかには、自分も女性らしさを諦めてしまっている方も……。

自分の「女性」を意識していないのに、旦那のなかに「男性」を見つけるのは、至難の業。

まずは、自分が「女性」を意識することからはじめてみませんか?

窮屈にならない程度に、家のなかでだらしなくならないように気をつけたり、体形や見た目に気を配ったりするのもひとつ。

また、こちらが「女性」になることで、旦那にも「カッコよくなって」と言いやすくなるメリットがあります。

おわりに

人は必ず「慣れて」いきます。

いつまでも刺激をありのまま感じていると、生き辛くなってしまうから。

もはや「慣れる」のは本能なので、そこに抗うためには少し工夫が必要です。

少しだけ意識を変えて、またときめきを感じられる日々を取り戻してみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)