女性のちょっとしたひと言によって、男性は大きく心を揺さぶられたりもするものです。

それまで全く意識していなかった女性のことが、なんとなく気になるようになったりする可能性だってありますよ。

そこで今回は、男性が「思わず好きになってしまう」女性のひと言を紹介します。

思わず好きになってしまう

「やっぱり○○さんは違う」

男性はプライドが高い人が多いので、自尊心をくすぐってきたり、優越感を満たしてくれるような女性には、単純に好意的な目を向けやすいです。

特に、仕事に関する部分で、そういったことをしてあげることができると、よりあなたへの好感度も高くなるでしょう。

例えば、気になる男性に助けてもらったりアドバイスをもらったりした際に、ただお礼を言うだけではなく、「やっぱり○○さんは違いますね」と付け加えてみる。

そのひと言は男性にはとても大きく響きますし、「自分のことをわかってくれている」という気持ちにもなるので、あなたを見る目自体も変わってくるはずですよ。

「まだ帰りたくないな」

気になっている男性とふたりで食事や飲みなどに行ったときには、帰り際に少し甘えてみるのも効果的なテクニック。

「えー、まだ帰りたくないな~」とか「もうちょっとだけ飲んでもいいですか?」なんてことが言えたら、男性をかなりドキッとさせることができるでしょう。

「もっと俺と一緒にいたいんだ」と男性は素直にうれしいでしょうし、「もしかしたら今夜はこのまま…」なんて妄想までくり広げてしまうかも。

いずれにせよ、あなたの好意は伝わるひと言なので、男性もあなたを強く意識するようにはなるはずですよ。

「会社の中では○○さんが一番かな」

雑談や恋愛話をしているときに、「この中なら誰がタイプ?」とか「会社の中で恋人にするとしたら誰?」なんて話題になることもあるでしょう。

そういったときに、「会社の中では○○さんが一番タイプです」などと言われたら、男性は大きく心を揺さぶられるもの。

なんだか遠回しに告白をされたかのような気持ちにさえなってしまうので、その女性のことが急に気になり始めたりもするかも。

恥ずかしい思いになったりもするでしょうが、気になっている男性の前では、こういったときにははっきりと「あなたが一番」ということを伝えてしまった方がいいですよ。

「そういうところ好きです」

女性の口から「好き」という言葉を聞いたら、やはり男性はかなりドキドキするものです。

とはいえ、なかなか面と向かって「好きです」とは言えないでしょうから、「そういうところ好きです」という言い方をしてもるのもひとつの方法かも。

例えば、男性のやさしい一面を見たり、仕事のデキる部分を目にしたときに、さりげなくこのひと言を告げてみるといいでしょう。

褒めてもらったうえに、「好き」という言葉まで付け加えられたら、男性もあなたに好意を抱くようになりやすいはずですよ。

おわりに

気になっている男性に対しては、言葉によって存在を意識させることも大事です。まずは好意を持ってもらうことができれば、そこから一気に距離も縮めていけるものですよ。

(山田周平/ライター)
(愛カツ編集部)