好きな人から「愛されている」と感じると幸せなもの。それは男性も一緒。

以心伝心という言葉があるように、愛されていることが分かると、相手のことを同じように愛してしまうもの。

だったら、愛しているアピールをして、より愛され上手な女性になる方がいいですよね?

そこで今回は、男性が「愛されている」と感じる瞬間をご紹介します。

些細なことが大切!男が「愛されてる」と感じる瞬間4つ

デートの行き先をたくさん挙げる

「デートで『どこ行く?』って会話はありがちだと思うんですけど、そのときに『あそこ行きたい!』とか『今度はあそこ行ってみようよ!』とか言われると俺とのデートを楽しんでくれているって気がします」(Rさん・29歳男性)

デート中の「どこ行く?」という発言に「どこでもいい」と答えていませんか?

男性にとってその回答は「『あなたとのデートはどうでもいい』って言われているような気がする」のだとか。

せめて、「一緒に居られれば、どこでもいいよ」と返すといいかもしれません。

少しの時間でも会いにくる

「少しの時間でも会いに来てくれると『愛されてるな』って思いますね。『2時間だけ時間空いたからきちゃった』みたいな」(Iさん・27歳男性)

好きな人が相手なら、デートをするには短い時間でも会いたくなることってありますよね。

その気持ちは男性にもしっかりと伝わります。しかし、無理は禁物。男性にも予定があるので、男性に負担をかけない配慮は必要です。

失敗を笑って許してくれる

「デートでレストランに行ったのに、予約してなくて満席で入れないとかすっごい気まずいじゃないですか。そんなときに『おいー!』とかいって笑ってくれると、愛が勝ったって思います」(Uさん・28歳男性)

気合いを入れていたデートでも、失敗をしてしまうことはあるはず。

そんなときに「なにやってんの」といいながら、笑って許して挙げると男性は救われます。上級者になると「私に任せときな!」と言えるようです。

浮気を一切疑わない

些細なことが大切!男が「愛されてる」と感じる瞬間4つ
「浮気を一切疑わないっていう人はそれだけ信用してくれてるんだなって思いますね。その信頼に、愛を感じます」(Aさん・26歳男性)

お付き合いをしていると、連絡の取れない日があったりします。

仕事で疲れ果てて一日中寝ていたからLINEにも気づかなかっただけなのに、「浮気してたんじゃないの?」と疑われると愛も冷めてしまいます。

逆に「寝てたんでしょー」と言い当てられると「やっぱり分かってんな」となるのだとか。

表に出されなければ相手には伝わらない

男性が「愛されている」と感じる瞬間をご紹介しました。

相手のことを愛していてもそれを表にだして行かないと相手には伝わらないもの。思うだけではなくどんどん相手に伝えていきましょう。

そうすれば相手からも同じくらいの愛を返してくれるはずです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)