恋がしたいと思っていても、恋愛から長く離れてしまうとどうすれば恋愛モードが起動するのかわからなくなってしまうもの。

燃えるような恋を始めるためには、まず恋のスイッチを入れることから始めるのがおすすめです。

今回は、恋愛モードを上手に再起動した人の体験談を聞いてみました。

経験者たちは、どのようにして恋愛スイッチをONにすることができたのでしょうか。

またしたくなる!枯れてた恋のスイッチを入れる方法3つ

1、恋愛っ気のない主人公が恋を成就させる映画を見る

恋愛モードへと手っ取り早く切り替えるには、恋愛系の映画を見るのがベストです。

「元カレと別れて早3年……。
もはや恋愛の仕方すら忘れてしまっていた私でしたが、友だちに誘われて行った映画館で、まさかの恋愛モードが再起動することに。

私が見た映画は、色恋沙汰に縁のない女性が幼なじみとの再会をきっかけに恋をスタートさせるというもの。
自分と同じような境遇の女性がヒロインになっていたことで、“私も恋愛したい!”と思えたのを覚えています」(28歳女性/営業)

映画やドラマなど、作られた世界にのめり込みやすい人には、自分と同じような境遇の女性がヒロインとなっている映画を見るのがおすすめ。

恋愛スイッチの入れ方がスッと自分の中に落とし込めるので、ぜひ試してみてください。

2、恋がうまくいっている友だちの恋バナを聞く

恋愛モードを起動させるために、まわりの力を借りるのもひとつの方法です。

「恋愛とは縁遠い友達に彼氏ができ、なれそめや近況を聞くべくランチに誘いました。

当日を迎え、出会いのきっかけなどについて順番に聞いていたのですが、とにかく終始幸せそうな友達。
話を聞いているこちらまでにやけてしまうようなのろけエピソードは、私の恋愛モードもONにしてくれました。

私もその友達と同じく長らく彼氏がいなかったのですが、友達の恋バナを聞いて依頼積極的に飲み会などへ参加して、新しい恋を探しています」(27歳女性/看護師)

仲のいい友達の幸せなのろけ話は、自分の中で行方不明になっていた恋愛スイッチを探し当てるレーダーとなる存在。

なかなか恋愛する気持ちが起きないという人は、身近な友達の恋バナを聞くことから始めてみてください。

3、いつもと違うテイストの服やメイクを試してみる

恋のスイッチを入れるには、身の回りにあるものを新しくしてみるのもおすすめです。

「先日なにげなくアパレルショップを見ていたときのこと。かわいいなと思った服に手をやったところ、店員さんに全く違う雰囲気の服をすすめられました。

普段はパンツコーデがメインで、ボーイッシュなスタイルを好む私。
でも店員さんがすすめてきたのは、リゾート感の漂うロング丈のワンピースだったんです。
試着してみたところ意外としっくりきたことに驚き、そのまま購入しました。

今まで持っていないジャンルの服を買ったことで、“誰かに見てもらいたい”という気持ちがフツフツと沸き上がり、“恋愛したい!”という気持ちに発展。
新しいものを買うだけで、こんなにも気持ちが変わるんだと驚いた瞬間でした」(26歳女性/歯科衛生士)

ファッションやメイクを変えるだけで、ガラッと気持ちを変えられるのは女性の特権。

自分好みのファッションとは違う路線のものを選んで、新しい自分に変身してみましょう。

気分一新すれば、恋愛のスイッチも入りやすくなります。

恋愛スイッチをONにして素敵な恋を見つけよう

長期間恋愛モードから遠ざかっていたという人も、ちょっとしたきっかけで“恋したい!”という気持ちを呼び覚ますことができます。

自分に合う方法を見つけて、無理なく実践していくのがポイント。

恋愛スイッチを起動して、今まで経験してきたものよりも幸せな恋を引き寄せましょう!

(愛カツ編集部)