モテる男性はやはり魅力的な部分も多いでしょうから、好きになってしまう可能性も高くなるでしょう。

ただ、たくさんの女性からアプローチをされたりもしているはずなので、そういったことも踏まえて接した方が、あなたの印象も良くなるはず。

そこで今回は、モテる男性が「彼女にしたい」と感じる女性の共通点を紹介します。

彼女にしたい

「自分の意見」を言う

好きな男性に対しては、「なんとかして気に入られたい」という気持ちも強くなることでしょう。

しかも、相手がモテる男性であったなら、なおさらそういった考えが大きくなっていくはず。

でも、男性側からすると、何でも自分の言うことを聞いたり、自分の顔色ばかりを伺ってくる女性にはあまり魅力を感じませんし、一緒にいても楽しくないもの。

ちゃんと自分の意見を持っていて、主張するときには主張してくる女性の方が、対等な関係性も築けるので、男性の中でも気になる存在になっていきますよ。

「好きアピール」をしすぎない

好きな男性に対しては、まずはそれとなく好意を示しておくのは大事なこと。

とはいえ、あからさまに「好きアピール」をしすぎると、いきなり重たく感じられてしまいますし、最悪の場合、遊びの相手にされる危険性だって秘めています。

また、モテる男性であれば、他の女性たちからのアピールやアプローチもたくさん受けているでしょうから、その他大勢の中のひとりといった認識にしかならないかも。

なんとなくの好意は見せつつも、ガツガツと強引に踏み込んだりはせずに、少しずつ仲を深めていく方が、逆に近道になったりするものですよ。

「いい距離感」を保てる

男性は束縛や干渉が激しい女性を何よりも嫌いますし、そういった女性は「絶対に彼女にしたくない」とも思うもの。

モテる男性は、今までに彼女から浮気などの心配をされた経験も多いでしょうから、余計に束縛する女性を苦手に感じるはずです。

まだそんなに親しくもないのにズケズケとプライベートな部分に踏み込んできたり、付き合う前から彼女ヅラをしてきたり、色々と細かく詮索しようとしてきたり…。

そういった行動は決して取らずに、付かず離れずのちゃんと「いい距離感」を保ってくれる女性のことは、男性も恋愛対象として意識しやすいでしょう。

恋愛に「のめり込んでいない」

恋愛が何よりも大事で、恋愛が全てになっているような女性は、彼女にするにはちょっと重すぎます。

「付き合ったら大変そうだな」とどうしても感じてしまうので、男性も恋人候補としてはなかなか見られないはず。

モテる男性であれば、そういった恋愛や自分にのめり込んでいる女性が近づいてきたりする確率も高いので、警戒心はより強いかも。

恋愛以外にも、仕事や趣味など、ちゃんと自分が夢中になれるものを持っている女性は、男性の目にも魅力的に映るものですよ。

おわりに

モテる男性に対して、他の女性たちと同じようなアピールをしても、あまり強い印象は残せないかも。

「この子は違うな」と感じさせることも、心をつかむ大きなポイントであるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)