どんなに美人でもそっけない相手は、男性陣もデートに誘えないもの。

だからこそ距離を縮めるきっかけとして、“親近感”が重要だったりしますよね。

あざとすぎない範囲内でうまく男性の心を掴めれば、トントンとお付き合いに進むことができるかも。

そこで今回は男性が女子に親近感を覚える瞬間についてご紹介します。

あざとすぎない!男性が女子に親近感を覚える瞬間

1、お笑いやYouTubeにハマっている

「いままであまり喋ったことがない職場の子と飲み会で席が近くに。そしたら実はお笑い好きで、劇場にも行くほどだと発覚。俺もお笑い大好きなので、コアな話題で盛り上がれてすごい楽しかった」(29歳/営業)

お笑いややってみた系のYouTubeを好む男性は多いもの。そのため広く浅くでも良いので、チェックしておくと◎。

飲み会や合コンなど話題に困ったときのネタになるだけじゃなく、男性からも「この子趣味合うじゃん!」と親近感を持ってもらいやすいです。

それに実際こういう娯楽って、気持ちを明るくしてくれます。最初は男性ウケのためだったとしても、意外と楽しく観られると思いますよ。

2、小さなことで共感し合える

「最寄りが一緒の子と飲んだんだけど『○○のスーパーは8時過ぎると一気に安くなる』とか『駅の階段に一番近い電車の出口はX号車だよね』など、他の人にはあまり伝わらないであろう話題で盛り上がった。

俺と同じようなことを考えて生活しているのかな? と思うと、親近感が湧きましたね」(28歳/販売)

自分にとってはありふれた日常なんだけど、他人にはなかなか理解してもらえないことってありますよね。

そういう些細なことで共感し合えると、仲間ができたようで嬉しくなります。

「この子とは価値観が似ているかも」と親近感を持つことができ、近いうちにいろんな話ができたらなと思えるのです。

3、どんなお店でも気兼ねなく入る

あざとすぎない!男性が女子に親近感を覚える瞬間
「女性とカフェに入ろうとしたんだけど、どこも混んでいて。どうしようかと悩んでいたら『あっちのお店のほうがまだ空いてない?』とファストフード店を提案してくれた。

『こういうのもたまには良いよね』とハンバーガーを頬張る姿が天使に見えました」(32歳/IT)

男性とのデートや飲み会。ファストフード店やファミレス、チェーン店の居酒屋はちょっと……と思う人もいるでしょう。

でも予約が苦手な男性もいれば、状況によってはどこも混んでいて入れない場合もあります。

そんなときにイヤな顔せず、「ここで良くない?」と気兼ねなくお店に入ってくれると、親近感が湧くだけじゃなく、ありがたい気持ちになるそう。

もし今度はもう少しお高いお店に行きたいな……と思うのなら、「次は○○が食べたいな!」と、嫌味にならない程度にさりげなくアピールしておきましょう。

おわりに

男女問わず、人はわかってもらいたい生き物。

だからこそ臨機応変に会話についていける女子が、異性からの支持も集めやすいのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)