“仕事ができる”というだけで、必然的にカッコ良く見える職場男性。

毎日一緒にいるからこそ、どんどん好きになってしまう人も多いのでは?

でも仕事以外の細かいところを見ていると、意外と彼の素がわかったりしますよ。

そこで今回は“さりげなく危険な職場男性のNG言動”についてご紹介します。

仕事以外に注目?さりげなく危険な職場男性のNG言動

1、 手があいているのに雑務をやらない

「職場で絶対に自分のカップを洗わず、シンクに放置している人がいる。

その一方で『私洗うんで置いておいてください!』と言っても必ずカップを洗ってくれる男性もいる。こういうところで性格って出るなと思う」(30歳/一般事務)

職場ではメインの仕事だけではなく、たとえば掃除や洗い物、溜まった書類のファイリングなど……。必ず雑務が伴ってきます。

これは事務の女性がやるべきと言えばそれまでかもしれません。

でももし手があいて暇しているなら、多少は手伝ってくれても良いですよね?

せめて女性陣が忙しいときは、自分のカップくらいは洗ってもいいと思います。

職場でも雑務を面倒くさがる人は、おそらく結婚しても家事に消極的かも……。

2、 新人への態度

「仕事ができるイケメンの先輩が、パワハラ並みに新人に厳しいと知ったとき。

結婚したら細かいことに口を出してきそうだな……と思ってしまった」(27歳/営業事務)

誰だって最初のうちは右も左もわからなくて当たり前。それなのに新人への当たりが強い人は、どんなに仕事ができてもおススメしません。

「はじめてなんだからできなくて仕方ない」ではなく、全部自分の価値観で物事を図ってしまうんですよね。

だから仮に付き合ったとしても、女性が思うように動いてくれないとなると、イライラしはじめる可能性があります。

彼のご機嫌を取るばかりで、女性は肩身の狭い思いをするでしょう。

3、 我先に頂き物を食べる

仕事以外に注目?さりげなく危険な職場男性のNG言動

「頂き物のおかしってみんなに行き渡るよう配慮するじゃないですか?

それなのにひとりで何個も食べちゃう人がいて理解に苦しむ。

“ご自由にお取りください”形式だと危険なので、みんなが食べられるよう、ひとりずつ配るようになりました」(31歳/経理)

働いているとお土産やお中元等を頂くこともあるはず。それを休憩時間に食べたりしますよね。

普通は人数分を考慮して、みんなが食べられるよう計算するもの。しかし周囲はお構いなしに、自分が好きなぶんだけバクバク食べてしまう人も……。

こういう配慮がない男性は、やっぱりいろんな面で気が利かないというか、常識外れなことをしてきますよ。

おわりに

たいていの人は、自分の仕事はきっちりこなすもの。

問題は仕事以外の対応です。

いい加減な面や他人への気配りがない男性は、交際しても同じようなところが目につくはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)