ズボラと潔癖症、両極端なタイプの女性がいるとして、男性的にはどちらが許せるのでしょう?

お付き合い中はあまり気にならないかもしれないけれど、結婚して生活を共にするとなると話は違うと問題視する男性もいることでしょう。

ズバリ男性諸君にこの質問をしてみました!

男性にも様々な意見があり、賛否はありましたが…。結論から言うと、結婚に適しているのは、“ズボラな女性”と言えるようです。

そこで、今回は大きな理由を2つ挙げてご説明しますね。

男性は「ズボラ」と「潔癖症」の女性どっちと結婚したい?

1、男性は家ではくつろぎたい

「潔癖症でいつも神経質な女性にピリピリされるよりは、少しくらいズボラで抜けている方が良い」(28歳 営業)

「自分もズボラだから、潔癖症の女性と結婚したら毎日怒られそう…」(23歳 輸送)

結婚は、長い時間を共に生活していくもの。男性にとって、家庭とは安らげる場所であることが重要です。

仕事から疲れて帰ってきたら、家でゆっくり休みたいのに、奥さんに口うるさく言われると安らげませんよね。

細かいところが気になったりしがちな潔癖症さんが、相手に自分と同じような細やかさを課すと、それはなかなかの苦痛となります。

いつも家がスッキリしていてキレイなのは良いけれど、ちょっとでも散らかると怒られる。

多少散らかっていても、ゆっくりと安らげる空間、そして何より家の中の雰囲気が大事です。

2、一緒にいろんなことを楽しみたい

男性は「ズボラ」と「潔癖症」の女性どっちと結婚したい?

結婚して一緒に生きていくのなら、一緒にいろんなことを楽しみたいという男性は多いもの。

そうなると、細かいことはあまり気にしないズボラな女性のほうが、一緒にいてラクで、楽しいと感じる男性は多いようです。

ドライブやキャンプを楽しんだり、夏は海やプール、冬はスキーやスノボーなど、一緒になってアクティブに動きたいという男性も。

また、インドア派の男性なら、家でダラダラしながらDVDを観たり、ゲームをしたりという方もいるでしょう。

どちらであっても、細かいことをあまり気にせず、一緒に楽しめる。そんな女性となら、男性は一緒にいて楽しいと感じるのです。

おわりに

お付き合い中は、あまり気にも留めなかったズボラさや潔癖さ。でも、結婚となると、すごく重要な事柄になるのですね。

どちらかと言うと、ズボラの方が結婚に適しているようですが、どちらにしても限度があります。

度を超えたズボラは愛の巣をゴミ屋敷化させてしまうだろうし、潔癖すぎる女性はポテチの食べこぼしすら許してくれないかもしれません。

その結果、結婚相手の男性に多大なるストレスを与えたり、夫婦仲をギクシャクさせたりする原因になります。

結婚を考えるときのポイントの1つは、大切なのは長く一緒にいられるかどうか。

おおらかな気持ちで一緒に人生を楽しめる、そんな女性を目指したいものですね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)