「初デート以降デートに誘っても『忙しい』と断られる」「LINEを未読スルーされるようになった」という場合、初デートで相手の心がつかめなかっただけではなく、何かやらかしていたりします……。

そこで今回は、初デートでミスらないためのポイントをご紹介。

特にファッションとトークは重要です!

1、“個性的で奇抜”ではなく“男子ウケ”を意識して

デートも場数を踏めば、大体どんなファッションが男子ウケして、どんなファッションが男子ウケしないかわかってきますよね。

けれどまだあまり場数を踏んでいない時の初デート、何着るか迷う女子も多いはず。

初デートなら、自分の好きなファッションより断然“男子ウケ”を考えたほうがいいです。

女子の中には個性的で奇抜なファッションの子もいるでしょう。

普段からその格好で、彼と初めて会った時も奇抜な格好をしていていたのなら、初デートでも奇抜な格好でもいいですが、オフィスカジュアルの格好しか知らない、マッチングアプリでまだ会ったことがない相手との初デートなら奇抜な格好は危険。

雑誌や友達の意見を参考に、無難で清楚オシャレなファッションを心がけたほうがミスりにくいです。

2、ハイブランドで固めるのはアウト

初デート、オシャレに気合いが入るのはわかりますが、ハイブランドで固めるのは危険です。

下手したら彼に「お金がかかりそう……」「喜ばせるのが大変そう……」「貢いでくれる男でもいるのか?」とネガティブにとられてしまうことも。

初デートならお高くない格好がいいです。

ファストファッションでも高見えアイテムはあるので、それを上手に組み合わせて上品だけど値段がわからない格好が安全。

ハイブランドを入れるにしても一点くらいにしたほうがいいですよ。

3、恋愛トークを絡めて好意をほのめかす

好感度UP!初デートでおさえたいファッション&トーク

初デートで好意を感じられないと、惚れ込んでいない限り回目のデートはそうないです。

恥ずかしさから彼の恋愛観を聞きたいのに聞けない、せっかく彼に「どんな人が好き?」と聞かれたのにはぐらかしてしまう……そんなことはありませんか?

それでは、彼も『脈なしかな?』『俺にあまり興味なさそうだな』とテンションが下がってしまいます。

交際に繋げたいのであれば、好意はさりげなくアピール方がいいです。

その方が彼もデートに誘いやすいですから。とはいえ、ガツガツしないように。

多くの男子は女子にガツガツされたらちょっと引いちゃうので。

4、彼のバックヤードに関する質問は自分からしない

付き合う上での条件が厳しい女子もいるはず。彼年収や預金、勤め先や役職が気になってしまっても、初デートでそれらを探る質問は自分からしないほうがいいです。

あまり露骨に聞くと、「俺のお金が目当て?」「俺じゃなく俺のお金に興味があったのね……」とがっかりされます。

彼から稼いでるアピールをされた場合はやんわり聞いてもいいでしょうが、そういう話をしてないのに唐突に聞くのは危ないです。

初デートは相手の内面や恋愛観、趣味に関する質問くらいがいいかと。

ファッションとトークは超大事!

初デートでミスると2回目はないです。正直、本性は時間が経たないと見えてきません。

そう、どんなに根がよくても、ファッションとトークでアウトなら進展は難しいです。交際までは慎重にいきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)