男性にとっては、必ずしも恋愛の延長線上に結婚があるわけではないことも。

お付き合いをしている女性に対して、恋人としては良いとしても、「ちょっと結婚は考えられないかも」なんて思ってしまうこともあるのです。

そこで今回は、男性が結婚を躊躇してしまう女性の特徴を紹介します。

「ちょっとなぁ…」男性が結婚を躊躇してしまう女性の特徴

浪費癖がある

お金遣いが荒くて浪費癖がある女性は、やはり結婚相手としては敬遠されてしまいます。

「給料を全て使われてしまいそう」といった不安を抱き、あまり深入りはしたくないと考えますからね。

また、お金にルーズですぐに貸し借りをしたり、全く計画性を持っていない女性とも、未来の結婚生活は描けないでしょう。

結婚は生活です。

一緒に暮らしてはいけないと思われたら、どうしても距離は置かれるものですよ。

相手の都合を考えない

忙しくて疲れているのに、夜中に長々と連絡をしてきたり、自分の都合でばかりデートの場所や日程を決めたり……。

いつも自分中心で、自分のことしか考えていないような女性とは、一緒にいても疲れるだけ。

完全に振り回されることになるので、とてもじゃないですが結婚を意識することなどできないでしょう。

男性がどういった状況にあるのかも考慮したうえで行動を取るようにしないと、ただの迷惑にしかならなくなりますよ。

仕事を辞める気満々

結婚をしたら仕事を辞めて専業主婦になる気が満々だと、結婚を躊躇をしてしまう男性は少なくないかも。

辞めてはいけない、というわけではないですが、そういった話し合いなどをする前から辞めるアピールをされると、踏み込めなくなる可能性も出てきます。

これはお互いにとって大事な部分でもあるので、一方的に意思を告げるだけではなく、思いや考えをすり合わせていくことが大事。

ただ単に「もう働きたくないから」なんて理由だったら、男性としては納得しにくいものですからね。

仕事への理解がない

仕事はとても大事なものなので、そこへの理解がない女性とは結婚をしようとは思えないはず。

しかも、結婚をしたら家族を支えるためにもより仕事に力を入れていこうという気持ちにもなるでしょう。なおさら奥さんには理解して支えてほしいものです。

それなのに、仕事で忙しいときに「なんで会ってくれないの?」とか「また休日出勤なの?」などと言われたら、男性はげんなりします。

忙しいときこそサポートをしてあげて、お互いに支え合えたら、男性も素直に「こんな奥さんほしいな」と感じたりもしますよ。

おわりに

男性にとっても結婚は人生の一大イベント。

だからこそ真剣に考えるものなので、「ちょっと考え方が合わないかも」なんて感じる部分が多いと、結婚は躊躇されてしまいますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)