忙しい彼と付き合うと、どうしても会う時間が少なかったりして、寂しい気持ちになりやすいですよね。

でも、あなた次第で時間を作ってもらうことは可能だったりします!

そこで今回は、忙しい彼に時間を作ってもらうコツをご紹介。

忙しい彼にどうしても会いたい!時間を作ってもらうには?

「1時間でいいから」と前置きして誘う

筆者、過去に忙しい人と付き合った時、彼が「一緒にご飯食べよ?」と夕飯の時間を作ってくれたんです。

ただ、ご飯だけでお泊まりがなかったことに機嫌を悪くしてしまい、それに対して彼は「お泊まりしないと不機嫌になるから、時間が取れた時しか会えない……」と感じ負担だと感じたようで、余計に会えなくなったことがあります。

隙間時間で会えたのに「もうバイバイ?」とか、筆者みたいに「お泊まりないの?」と不満を漏らすと、彼も誘い辛くなるようです。少しでも会えたら素直に喜んだ方が彼も隙間時間で誘いやすいでしょう。

「1時間でいいから会いたいな」「30分だけお茶しない?」と前もって時間を伝えるのも手。そんなに時間がかからないとわかれば、会うハードルも下がりますから。

寂しい気持ちを伝える

聞き分けのいい子になってしまい、寂しい気持ちを心の奥底で押し殺している女子もいるのではないでしょうか?

寂しい気持ちを我慢したら、いつか大爆発を起こすか、すーっと気持ちが冷めるかのどちらかです。そうならないためにも寂しい気持ちは伝えたほうがいいし、素直に「会いたい」といったほうがいいでしょう。

彼女想いの彼なら「忙しい」の一言では片付けず、「忙しいけど時間作る」とか「明日の夜ちょっと会いに行く」とか、どうにか頑張って時間を作ろうとしてくれますよ。

逆に、面倒臭そうにする、「忙しいから無理」と突っぱねるのなら思いやりに欠けるので、正直これ以上一緒にいない方がいいです。

最終手段は、他の男の影orちょっと冷めた態度

忙しい彼にどうしても会いたい!時間を作ってもらうには?

何度寂しい気持ちを伝えても「少しでいいから会いたい」と言っても、彼が応じてくれないのなら、究極他の男の影をチラつかせたり冷めた態度を出すのもアリ。

男子って彼女を誰かに奪われるのが大嫌い。会ってない間に他の男が彼女に近づいているとなれば彼も慌てて時間を作ろうとするし、彼女からのLINEがあきらか塩対応なら「やばい、冷めたかも」と危機を感じ、できるだけ会えるよう時間調整を始めたりします。

むしろ、ここまでしても会おうとしてくれないのなら、彼の方が冷めている気が……。

嫉妬を煽るために他の男の影をわざとチラつかせるのはおすすめしませんが、あまりにも会う時間を作ってくれない彼には効果的です。

しかし、実践する場合、程度は大事です。彼に「軽い女だ……」とか「俺のことはもう好きじゃないのか……」と思われないようにしましょう。

忙しさを尊重したらきっと会える

忙しいとはいえ、彼だって彼女に会いたいんです。そのことを忘れないことが大切です。

彼の忙しさを尊重しつつ、素直に会いたい気持ちを伝えてみましょう。

彼に素直なあなたの気持ちを伝えてみれば、きっと頑張ってくれますから。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)