デートの時はいつもオシャレをしてくれて、二人きりの時は甘えてきてくれて、そんな可愛い彼女でも「疲れる要素」があれば、彼の気持ちも離れやすくなります。

そこで今回は、疲れる彼女になってしまう言動をご紹介。

「疲れる……」と彼に思われたくない人は、この記事をチェックしましょう。

男子がいう“疲れる彼女”ってどんな人のこと?

何かとしつこい

「何かとしつこいと疲れる。LINEがしつこいのもそうだけど、浮気を疑う、ケンカの時に過去を蒸し返すのも勘弁してほしい」(30代・飲食)

しつこいとどうしても「重い」とか「疲れる」とかネガティブな感情になります。

恋愛に多少のしつこさは必要ですが、あまりにもしつこいと彼が疲弊するので、ほどほどに。

一回不機嫌になったら長い

「一回不機嫌になったらなかなか機嫌が戻らないタイプ。謝っても、どこかに連れて行っても不機嫌。

『なんでそんなに不機嫌なの? 俺はどうしたらいい?』と聞いても答えない子」(20代・建築)

意地で不機嫌を長引かせてしまう、彼の謝り方が気に入らなくてわざと不機嫌を継続する女子もいるのではないでしょうか?

別れたくないのなら、不機嫌を長引かせるのは良くないです。

出かける準備や買い物が長い

「マイペースすぎて時間がかかる子。元カノが『10時に出かけるよ』と言っても逆算して準備ができず、11時半とかに出かけるようなことがしょっちゅう……。

買い物も何時間も悩んだ挙句、結局何買わないとかザラにあって疲れた」(30代・弁護士)

時間がかかってしまう子もいるはず。変に急ぐ必要はないですが、のんびりしすぎて相手を待たせるのはよろしくないですね。

ひとりでお出かけしているのならいいですが、誰かとお出かけしているのならマイペースもほどほどに。

振り回してくる

「電話で言い合いになりそうだったから『今からそっち(家)行くから会って話そう』と言っても『いま会いたくない!』と言われ。

翌朝スマホを見たら『なんで来ないの?』と意味不明なLINEが来てた……。あまのじゃくというか、振り回す系の女子はストレスたまるし疲れる」(30代・証券)

自分のわがままに彼がどこまで応じるか、で愛情をはかってしまう女子もいるのではないでしょうか?

振り回された方は疲れますよ。彼への思いやりを忘れずに。

感情的になりやすい

「自分が平和主義なので怒りっぽい子が苦手。些細なことですぐ感情的になって、最終的に泣き出すとか、疲れてしょうがない」(20代・派遣)

生理前や生理中など、どうしてもイライラしちゃうこともありますよね……。

イライラを彼にぶつけて、後悔したことがある人も多いはず。

関係にヒビを入れたくないのなら、彼にも生理中の症状を知ってもらう必要もありますが、イライラしてる時は彼に接しないのが一番です。

恋愛に「疲れ」は大敵かも…

どんなに見た目が可愛くても、どんなに料理が上手でも、「一緒にいると疲れる……」と思われはじめたら危ないです。

自分を表現するのも大事ですが、彼を無駄に疲れさせないようにすることも大切ですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)