はっきり言って、なにもしなければ「恋愛感情」はどんどん薄れていきます。

夫婦生活が長くなっても、「恋人同士」のような雰囲気でいるためには、ちょっとしたコツが必要。

そこで今回は、その「夫婦になっても恋愛を続けるコツ」をご紹介。あなたも真似して、いつまでもラブラブな夫婦を目指してみませんか?

長年一緒でも!夫婦になっても恋愛を続けるコツ4つ

彼が好きなところを維持

良いところも悪いところも含めて「好き」だからこそ結婚したふたり。

「ここが好きだから結婚した」というはっきりした理由はないかもしれませんが、あなたのことを好きになった「きっかけ」は必ずあるはずです。

もしそれが「容姿」なら容姿をキープするよう努力する、「料理」で彼のハートをつかんだなら料理は探求し続けるなど、「彼が好きになってくれたところ」を維持できるよう意識してみてください。

すべてにおいて頑張る必要ないのです。

「恋人らしい」時間を作る

夫婦になり、ましてや子どもが生まれると、だんだんと「恋人らしい」時間は減っていく一方……。

デートをする、エッチするなど、「家族」ならしない「恋人らしい」時間を作るよう心がけるのが大切です。

そして一番大切なポイントは、「約束」をしておくこと。

「今夜は早く帰れる? 映画でも見ない?」「週末子どもを預けてデートしようよ」と、その日を楽しみにするところから、「恋人らしい」時間を確保してみてください。

きっと、恋人っぽい気持ちを思い出せるはずです。

「楽さ」のなかにもけじめを

夫といると「楽」だからといって、自己中心的になりすぎるのはNG。

夫への言葉かけや態度などは、自分が疲れていると、ついつい冷たくなってしまいがちです。

そこで意識してほしいのが「配慮」を忘れないことです。

夫婦といえども、なにかをしてくれたらお礼を言う、「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶は欠かさないなど、「礼儀」や「マナー」を守るように。

そして、冷たい態度を取ってしまったら「ごめんなさい」というのも大切です。

束縛しない

彼の帰宅時間がわからないから食事の支度ができない、週末の予定がわからないから予定が立てられない。

こういった理由から「何時に帰るの?」「予定をちゃんと教えてよ」と、毎日のように聞いていませんか?

こういった質問は少なからず「束縛」されている不自由さを感じさせてしまいます。

連絡がないのなら、食事は作ってしまいましょう。週末の予定は、候補日をあげて選んでもらえばOK。

少し冷たいようにも思えますが、実は、「束縛」するより何倍もマシ。

夫婦だからこそ、彼の行動や交友関係を束縛しすぎないようご注意です。

おわりに

今回あげた4つのコツは、「恋人同士」のときには、当たり前のように気をつけていること。

恋人から夫婦に変わったからと言って、それをやめる必要はありません。

意識できるとことをしっかり意識して、リラックスできる恋愛を続けていきましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)