好きな男性との距離を少しでも縮めるために、LINEを活用している女性も多いでしょう。

ただ、活用方法を間違えるとマイナス効果になることもあるので、男性がゲンナリするようなLINEだけは送ってはいけません。

そこで今回は、送られても「読む気になれない」LINEを紹介します。

見た瞬間にゲンナリ…送られても「読む気になれない」LINE

やたらと「句読点」が多い

「昨日は、私が、ずっと、行ってみたかった、パスタの、美味しい、お店に、行ったよ」。

こんな感じで句読点がやたらと多いLINEは、本当にただただ読みにくいだけです。

読みながらイライラだってしてくるので、もう会話自体を続けたくもなくなるはず。

「…」とか「!」、「?」などを無駄に多用するのも、同様な読みにくさがあるので、シンプルにポンポンと送り合うようにした方が、男性も嫌な気分になどならないでしょう。

「何を言っているのか」わかりにくい

話にまとまりがなくて、結局のところ何が言いたいのかがよくわからないと、男性の中にはモヤモヤが残るものです。

ただ自分の言いたいことだけを、ぶつ切りにして話したりすることが女性にはよくありますが、それは男性には鬱陶しく思われてしまうかも。

長々とそういった話を聞かされると、「時間を返してくれ」といった気持ちにもなったりもします。

そうなると、あなたからのLINE自体にマイナスなイメージを持つようにもなるので、あまり返信をしてくれなくなる危険性だって出てきますよ。

文章が「硬くて重くて長い」

見た瞬間にゲンナリ…送られても「読む気になれない」LINE

ものすごく硬い文章、暗くて重い文章、無駄に長い文章。

これは送られてきても困るし、どう返信すればいいのかもよくわからないLINEであると言えます。

こういった文章は、パッと見た瞬間に「うわっ」と感じてしまうもの。

基本的には、気軽に短文をパンパンと送り合えるのがLINEの特徴なので、長く重い文章を送ることが多くなると、避けられるようなことにもなりかねませんよ。

「日記」のような内容である

女性によくありがちなのが、その日にあった出来事を日記のようにしてLINEで送ること。

好きな男性とLINEでつながっていたくて、こういったメッセージを送ったりもするのかもしれませんが、受け取る男性は面倒に感じるはずです。

返信に困るLINEでもあるし、「いつ終わるんだろう?」なんて思いだって湧き起こってくるかも。

会話はふたりで楽しめないと意味がないので、独りよがりの日記LINEばかりを送ると、印象がどんどん悪くなっていってしまいますよ。

おわりに

今回紹介したようなLINEは、男性が本当に読む気をなくすものです。

それでは距離が縮まるどころか、避けられてしまうような危険性もあるので、絶対に送ってはいけませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)