ある程度のワガママは「可愛いなー」で許されることもありますが、「それって単なる自分勝手だよね?」とか「ワガママ過ぎる!」と男性がカチンときてしまうタイプのワガママもあるようです。

今回は、男性の意見を元にカチンとくる女子のワガママをご紹介します。

男子が許してくれるのはどこまで?女子のワガママ境界線

デート中の「疲れた」「つまんない」はイラっとする

「デート中に突然不機嫌になって『疲れた』とか『なんか今日つまんない』ってなんなの?

そんなこと言われたら、ぶっちゃけ俺の方が疲れるわ。

俺のデートプランに不満があるなら、ちょっとは自分でも考えてほしい!ワガママだなってほんと腹立つ」(30歳/自営業)

女性が喜んでくれるだろうと思ってデートプランを練る男性は多いもの。

それだけに、デート中に女性から「疲れた」とか「つまんない」と言われるとカチンときてしまうようです。

「楽しいんだけど、ちょっと疲れちゃったからカフェで休まない?」とか「カラオケも楽しかったけど、次は水族館に行かない?」など具体的な提案も添えると◎。

男性も否定されたと感じないので、ワガママな女子認定されずに済みますよ。

「ほっといて」って言ったからそうしたのに…

「俺の彼女、喧嘩になったらいっつも『もうほっといて!』って黙り込んじゃうんですよね。

で、その通りほっといたらますます機嫌悪くなって、最終的に『よくほっとけるね?!』って逆ギレですよ。

ならなんで『ほっといて』って言うの?自分勝手としか思えない」(26歳/不動産)

平行線なケンカが続くと、話し合う気力すら奪われて「ほっといて」と言ってしまいがち。でも、女性の「ほっといて」は男性にはワガママにうつるもののようです。

実際、本当に全力でほっとかれると嫌なものですよね。「お互い少し頭を冷やそう」とか「週末にまたね」など期限を決めておくと、コミュニケーションのすれ違いが起きにくいのでおすすめですよ。

休日は全部デートって、俺の都合は関係ナシ!?

男子が許してくれるのはどこまで?女子のワガママ境界線
「休日は全部デートしたがる彼女。当然のように『週末はここの新しいカフェ行こうね』とか『この映画観たいからチケット予約よろしく!』って言ってくる。

『その日はちょっと予定が……』って濁すと、『なんで?!私とのデートより大事な用事?調整つかないの?!』ってキレ出す。

最初は可愛いなって思ってたんですけど、俺の都合はどこにいったのかなって……。ほかにも一方的だなと感じるところがあって、最近は別れも意識してます」(28歳/公務員)

好ましいデートの頻度は人によって異なるもの。

例えば、女性の方は休日には必ず会いたいと思っていても、彼氏の方は、休日は月に2回くらいと平日に夕飯食べるだけで満足と感じている場合も。

自分の感覚だけを相手に押し付けるのでは自分勝手なワガママになりかねないので、相手の都合もよく聞いておきたいですね。

相手を思いやる気持ちが大切

デート中の「疲れた」や、一方的にデートの日を決められることなど、男性が「ワガママ!」と感じるポイントはさまざま。

ちょっとした言動で、自分勝手な女性だと思われているかもしれませんよ。

知らぬ間に呆れられないように、相手を思いやる気持ちを意識しつつ行動してみましょう。

(愛カツ編集部)