ただの片思いじゃなく、彼を振り向かせたいのであれば何かしらアプローチをしなくちゃです。

しかし、アプローチを自分からして彼から嫌がれたらどうしよう……という不安を抱える人も多いはず。

そこで今回は、男性へのアプローチをする際にこの注意点だけ気をつければ、高確率で好感を持ってもらえるコツをご紹介。

男性がイヤかも……と感じることを把握しておくと、スムーズにアプローチできるはずですよ。

コレだけおさえればOK!男性へのアプローチが成功するコツ

頻繁に用のない連絡をしない

好きな彼とはこまめに連絡を取り合って、距離を縮めたいもの。けれど、脈ありかどうかわからない段階で頻繁に用のないLINEを送るのは危険です。

あなたに興味があるのなら、『両思いかも!』と彼の気持ちも加速するかもしれませんが、そうではない場合、『またLINEきた……。しつこいなぁ』とネガティブに思ってしまったり……。

脈ありかわからないのなら頻繁なLINEは控え、彼からの返信を踏まえて頻度を変えたほうがいいです。

フランクすぎる誘いは避ける

堅い感じで誘うのが苦手だったり、照れ隠しでフランクを超えて馴れ馴れしい言葉になってしまう人は要注意。

筆者の知人は、飲み会で連絡先を交換した女子から、「こんどふたりでのみにいこーよー」と全部ひらがなで誘われ萎えてました。

馴れ馴れしく礼儀のない子に感じ、頭も悪そうにも思えたので既読スルーしたそう……。

相手の性格にもよりますが、初対面やまだそんなに仲良くない段階で砕けすぎた誘い方は引かれやすいので、丁寧に誘ったほうが安全ですよ。

嫉妬を煽るような言動はNG

コレだけおさえればOK!男性へのアプローチが成功するコツ

他の男の影をチラつかせ、彼の焦らせて告白を促す女子もいるかもしれません。

でも、男子の性格次第ではイライラして「じゃぁそいつと付き合えば?」と一気に離れてしまうことも。

他の男に好かれているだけ、というのならまだいいのですが、あなたもその男子に興味ありそうな態度だと冷められやすいです。

嫉妬の感情で『他の男子に取られる前に!』と告白をする男子もいますが、煽り方次第、相手次第では逆効果になるので無理に嫉妬は煽らないほうがいいかもしれません。

自分でできるのに男性を頼るのは控える

彼を振り向かせるために“甘えて頼る”が効果的とも言われますが、これも関係性や内容、相手次第になります。

交際していれば甘えたり頼ったりもしやすいでしょうが、交際前なら甘えたり頼ったりするのも慎重に。

自分でできないこと且つ彼ができること(得意なこと)なら、たまに頼るのはいいかもしれません。

しかし、頻繁に何でもかんでも頼ってしまうと『なんで自分でやらないの?』『人を平気で使うタイプなのかな……?』と引かれてしまうことも。

自分でできることを頻繁に交際前の彼に頼ってしまうと、距離が縮まるどころかひらいてしまうこともあるので要注意です。

アプローチは彼との温度差を見て

アプローチも方法や程度で逆効果になることもあります。

闇雲にモテテク等を使うことで逆に彼の気持ちが遠のいてしまう可能性もあります。

今回ご紹介した注意点を意識して、気になる彼の性格や脈ありかどうかもみて、着実にアプローチしていきましょう。

そうすれば、時期に彼と結ばれるはずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)