顔立ちが整っている女性が、「彼氏がいない」「私モテないよ」などと言うと、即座に「性格に問題があるからだな」と考える人たちがいます。

彼氏がいない理由やモテない理由は人それぞれで、ひとことで言い切れるほど単純ではありません。

本人に問題がある場合もあれば、家庭や周りの男性に問題があるケースも……。

今回はその中でも、美人なのになぜかモテない女性の特徴をチェックしてみましょう。

自分の直した方が良いクセを知ることで、「脱・非モテ」を狙えるかもしれませんよ!

美人なのになぜかモテない女性の特徴とは?

何でも理詰めで考えるクセ

「東大卒などの高学歴女子は、男性から敬遠されやすい」という意見があります。

筆者も独身時代「東大女子にいそうな感じだよね。恋愛が苦手だろ」と、遠回しに非モテと男ウケの悪さを年上の男性に非難されたことがありました。

しかし単に「この子、なんか真面目女子っぽくてつまらなさそう」というだけなら、世の中にはそういう女性が好きな男性もいますし、あまりネガティブになる必要はありません。

注意した方がいいのは、何でも理詰めで考えるクセのある女子。

彼に別れを告げられたときに次々と質問をして彼を問い詰めるような女子は、たとえ彼が理系男子で同じように理詰めで物事を考えるタイプだったとしても「イタい」と思われてしまいます。

理不尽なようですが、男性のほとんどは「東大首席タイプの知的女子」と「かわいいけれどおバカなタイプの女の子」なら、後者を選ぶということを頭に入れておきましょう。

「いい男の条件」にこだわりすぎ

SNSで婚活の状況を報告している「婚活アカウント」を見ていると、「年収○○万以下の男はゴミ」などと、堂々と書き込まれていることがあります。

正直これを見ただけで、なぜこの方が婚活をしなければならないほど縁遠いのか、さらに婚活をしているにもかかわらず理想のお相手と出会えないのかが分かる気がします。

婚活女子に共通するのは「結婚は、豊かな生活へジャンプするためのステップ」と考えている人が多いということ……。

だから彼女たちは、理想の結婚相手像に「年収は最低1000万円以上!」「正社員でないと絶対ダメ!」などをあげることがとても多く、そのために女性の方が入会金の高い「ハイスペック男性限定」の結婚情報サービスに入会していることもあります。

しかし、その「いい男の条件」を満たす男性が、必ずしも性格が良くて品行方正とは限りませんし、あなたとの相性が良いとも限りませんよね。

また今は年収1000万円以上の男性でも、ある時突然会社が倒産してしまう可能性もあります。

いい男を捕まえて養ってもらうことにこだわりすぎず、婚活と同時進行であなた自身が稼ぐことのできる手段をいくつか開拓しておく方が、将来のリスクヘッジにもなります。

そもそも、他人に対して「年収○○万以下だからゴミ」と言い切ってしまうような女性に魅力を感じる男性は、決して多くはありませんよ。

考え方が頑固すぎる

性格に問題があるとまではいかなくても、考え方にこだわりがあり、他人の意見をなかなか受け入れようとしない女性もモテないことが多いです。

例えば仕事が生きがいになっていて、その道に進む以外は考えられないような女性。

年配の親戚などに「結婚はどうするの?」「結婚したら子供を産んで、仕事は辞めるんでしょ?」などと言われると、「私は仕事が好きなので、そういうことは考えていません!」と返すタイプです。

実は筆者も若い頃このタイプだったのですが、見事なくらいモテませんでした。

しかしこの場合は、あなたの仕事に理解のある男性とのご縁があればトントン拍子に交際→結婚となる場合もあるため、それほど気にしなくても大丈夫ですよ。

もっと困ってしまうのは、何か注意を受けたときにいつも「私は悪くない!」と言って聞き入れない女性です。

このような女性は言うまでもなく、男性からも女性からも「性格ブス」と言われるようになります。

心当たりのあるあなた、今気づいたならまだ改善の余地がありますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「彼氏がいない」「モテない」と言うとすぐ「性格に問題があるからだ」と決めつけられるのは、残念ながら美人の生まれ持ったマイナスの宿命です。

自分では意識していなくても周りから「美人」と言われたことのあるあなたは、そうではない女性よりも自分の言動を見つめ直す機会を多く持ちましょう。

(カワモト野奈/ライター)

(愛カツ編集部)