なかなか自己主張ができなくて、自分からアプローチすることもできない控えめ女子は、恋愛においてとっても不利だと思われがち。

でも、実はそんなことはないんです。

控えめ女子には男子を魅了するモテ要素がたくさん!

今回は、20~30代の男性陣に控えめ女子の魅力を聞いてみました。

癒やされる

「女子っておしゃべりな子が多いじゃん?会うなり『ねぇねぇ聞いて~』ってマシンガントークの始まり。

別に嫌じゃないし、むしろ話聞いてるの楽しいし好きだけど、俺だって愚痴りたいときとかあるよね。

でも、おしゃべりな子に愚痴ったら『そんなことでグズグズいうなよ~』とか言われそう。

その点控えめ女子なら優しく俺の愚痴を聞いてくれそうだし、静かに側に居てくれそうな気がするから、癒される気がする」(28歳/営業)

黙ってニコニコほほ笑んで側にいてくれる……そんな姿を想像して「控えめ女子=癒しの存在」だと認識している男性は多いようです。

明るくて元気いっぱい!な女子もいいけれど、黙って話を聞いてくれる、そんな女子もまたよし、なのです。

男性に主導権を握らせてくれる

「言い方が悪いんだけど、なんというか俺の言うことを黙って聞いてくれそうで、控えめな女の子が大好き。

例えばデートで自分が行きたいところに『いいよ、私も行ってみたかったの』なんて言ってくれそうな気がするんだよね。

そんな彼女が欲しいなぁ!」(26歳/理学療法士)

なんだかんだいって、やっぱり男性は恋愛の主導権を自分が握っていたいもの。

「今日はここに行きたい!」「今日はこれを食べたい!」と毎度毎度彼女に言われていたら、ちょっぴり嫌気がさすみたい。

その点、控えめ女子なら黙って自分の言うことを聞いてくれそうだから魅力的なのだそう。

自分がイイ男になれる

実はプラス要素?男性が思う「控えめ女子」の魅力とは
「謙虚で男性のことを立ててくれるイメージ。

なんか黙ってついてきてくれるってだけで、自分が頼りがいのある男性に思えるし、何でも自分の言うことを聞いてくれると、『自分の考え方は正しいんだ』と思える。

なんか男性として自信が持てそうだし、自分がイイ男なんだ、って思えるような気がする」(32歳/公認会計士)

一歩下がって男性の後をついて行き、男性の言うことには必ずYESと答える大和撫子な控えめ女子。

世界でひとりでも自分のすべてを受け入れ、認めてくれる存在がいる、というのは男性にとって大きな自信となります。

自信に満ちあふれた男性とは、はたから見ても魅力的。

つまり、控えめ女子の内助の功が、男性をイイ男に仕立て上げるというワケなのです。

魅力いっぱい控えめ女子!

人は第一印象では、華やかなバラに魅了されてしまいがち。

しかし、どんな花束にもなじみ、存在を主張することなく可憐に咲き続けるかすみ草の美しさもバラに決して負けていません。

控えめな性格だからこその魅力に気づいている男性も、この世界にはたくさんいるのです。

(愛カツ編集部)