彼氏が彼女との別れを決めたとき、普段とは違った行動をとる彼氏もいるようです。

そんな危険信号が事前に分かれば、別れを防ぐための対策や心の準備ができることもあるかもしれません。

彼氏が発する、彼女との別れを決めた際の危険信号ともいえる行動を、実際のエピソードと一緒にご紹介します。

危険信号!彼女との別れを決めた男性の予兆サイン3つ

連絡がマメになる

「いままでは用事あるときにしか連絡くれなかったのに、急にマメにメールが来るようになった時期があって、その2週間後にサクッとフラれました。

好きな気持ちが薄れたんだって……」(25歳/雑貨販売)

「急に連絡をマメにくれるようになった元彼は、浮気してた。浮気がバレないように、あえて連絡をマメにしてたのかな」(27歳/事務)

急に連絡がマメになるという彼氏は、別れを決めた彼女に対して、罪悪感が湧いてくることから、少しでも優しく接しようと連絡をマメにしてくるようになるのかもしれません。

中には、浮気をしている彼氏もいるようなので要注意です。

浮気をごまかそうと、連絡がマメになっている可能性もあります。

連絡の頻度がいつもと変わったら、彼氏とゆっくり話をする時間を作ったほうがいいかもしれません。

早めに気づいて話をすることで、心の溝が埋まるかもしれません!

おしゃべりが止まらなくなる

「彼氏が最近よくしゃべるな~って思ってたら、別れ話を持ち掛けられました。別れる前に私の機嫌取ってたのかな」(26歳/保険会社)

最近おしゃべりが止まらなくなったというあなたの彼氏は、あなたの機嫌をうかがっているのかもしれません。

できるだけ円満に別れたいという気持ちの表れともいえるでしょう。

特に、いつも彼氏に気を使わせている女性は、おしゃべりで機嫌をとってくる彼氏の行動に注意しましょう。

わがままを控えたり、たまには彼氏の話も聞いてあげたりしてくださいね。お互いに思いやれれば、別れを回避できるかもしれませんよ。

話したことを覚えてない

危険信号!彼女との別れを決めた男性の予兆サイン3つ
「今度デートで行きたい場所をいくつか彼氏に話してたんだけど、まったく覚えてないことが何回か続いて、結果フラれました。

要するに、覚えていないということは、もうどこにもデート行かないつもりだったってことだよね」(24歳/IT系企業)

あなたの話した内容を覚えていない彼氏は、すでにあなたに興味がなく、話をスルーしてしまっている可能性があります。

あなたとの話を覚えていないという危機的な状況が後になって発覚しないよう、彼氏と話すときは、表情や相づちに注意してみてください。

適当に受け流されている場合は、危険です。

一方的に話すのではなく、彼氏の意見も交えながら話すと、彼氏も楽しくおしゃべりできるので、関係を修復できるかも!

 彼氏の異変に気付こう!

彼氏が別れを決めたときには、今まで見たことのなかった行動をすることが多いようです。

いつも近くにいた彼氏だからこそ、いつもとの違いにきっと気が付けるはず。

彼氏との心の溝を作らないためにも、たまには彼氏の話をゆっくり聞いてあげる日を作ってみてくださいね。

(愛カツ編集部)