告白するかしないかと言われたら……「できない」

もしかしたらあなたも、そんなタイプではないでしょうか?

でも、口に出さないと相手に気持ちは伝えられませんよね。

それでもやっぱり告白は恥ずかしすぎて……!

という人に向けて、告白しなくても相手に愛情が伝わりやすい方法を考えてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

恥ずかしがり屋さんでも、告白しなくてもできる愛情表現

一瞬だけ目線を合わす

近くに居るほど、恥ずかしくて彼の顔を見ることができないのではないでしょうか?

でも、彼を目で追ってしまうのも辞められない……。

でもじつは、それが彼に対する愛情表現になる方法のひとつなんです。

あなたが目で追っているとき、彼があなたの方を向けば、彼と自然に目が合いますよね。

何度も目が合うと、彼もだんだんと意識してくれるはず。もしかすると彼からのリアクションがあるかもしれません。

「俺の顔に何かついてる?」「どうしたの?何か用?」と来るかもしれませんが、そこで「ううん、なんでもないよ」などと流してしまうと、彼のなかにあなたの印象はあまり残りません。

ちょっとでもいいように自分の事を印象付けるには、「そのヘアスタイル、カッコイイなと思って…!」など、ちょっと褒めてみると、彼もまんざらでもないはず!

触れた瞬間だけ、目を合わせる

ちょっと肌が触れた瞬間。伏し目がちにうつむいてから、彼をゆっくりと見つめてみて。見つめるのが無理なら、一瞬でもいいでしょう。

同じように、彼から呼ばれたときの返事も軽くうつむいてからゆっくり見つめるようにしてみましょう。

触れる、呼ぶなどのアクションがあった時は彼と目が合うはず。

目が合う一瞬を積み重ねていくことで、好きな気持ちに気が付きやすくなりますよ。

距離をちょっとずつ詰める

恥ずかしがり屋さんでも、告白しなくてもできる愛情表現

「ちょっと近寄り過ぎじゃない……?」というくらい近づいてみたり、ちょっとだけ彼の肩にもたれてみたり。

その時に顔を向けず、「あ、ごめん!」だけでもいいのですが、できるだけ「こうなったのは偶然ですよ」とアピールしたいところ。

気が付いたら側に居る、たまたま何度も肌が触れる……。男性にとって、こうした”偶然”はうれしいスキンシップです。

ただし彼が嫌なら離れていきますので、やりすぎに注意しましょう。

LINE交換すれば中身も知ってもらえる

恥ずかしがらずに二人でゆっくりと話したいなら、やっぱり顔の見えないLINEなどがおすすめです。

LINEの交換さえできれば、自分の中身も知ってもらうことができます。

彼を知りたい気持ちもあると思いますが、それ以上に自分のいいところをアピールしたいところ。

特に「うれしい」や「好き」というポジティブな言葉は、相手も不快に思いません。むしろ好印象を残せます。

当然、ネガティブな言葉は出さないようにして、ポジティブなイメージを持ってもらえるようにしましょう。

苦手だと思うような愛情表現も、顔が見えなければうまくいくこともあります。

ぜひ、少しずつ伝えてみてくださいね。

全く気が付かれない愛情表現はなかったのと同じ

彼を好きな気持ちや熱意は誰にも負けない!と思っていても、彼が気が付かない愛情表現は、彼にとってはなかったのと同じです。

伝わらないと、やっぱり始まりませんからね。

自分が告白できない間に、他の誰かが彼に告白して付き合っていた……なんてのは本当に悲劇です。

好きすぎる気持ちが相手の重荷にならないようにするには、ホントにサラッと告白するのが一番!

「好きなんだけどな!」「私の事、どう思う?」なんて言ってみることができればベストです。

それなりに愛情表現しつつ、拒否されないことがわかったら告白してみるといいと思いますよ。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)