好きな人とお付き合いすることになったら、どんな距離感をとったらいいのでしょう?

今まで彼氏がいなかった人は、いきなり自分の生活に彼氏が入ってくることに、戸惑いを感じるかもしれません。

距離がありすぎても縮まりすぎてもなかなか長続きはしません。

そんな時に役立つのが、LINE。いまや重要なコミュニケーションツールだからこそ、恋愛にも上手に活用したいものですね。

LINEを送るときのちょうどいい距離感とは、どんなものなのでしょうか。

LINEを催促しない

LINEを送ったのに、彼から連絡がない……。そんなとき、ついついイライラしてしまうかもしれません。

そして、業を煮やして催促LINEを出してしまうことも。

基本的にLINEの催促はNGです。

男性の中には女性のLINEが苦手という人も多く、女性は普通と思っているLINEの返事のスピード感も、男性には苦痛に感じてしまうこともあります。

特に、LINEは既読したことがわかるので、男性の中にはLINEが多いと「また来た!」と恐怖を感じてしまうようです。

彼からLINEの返事がなかったとしても、気長に待ってあげましょう。

彼のタイミングでLINEの返事を書けることは彼にとっていい距離感です。

彼が不安になるようなLINEを送らない

仕事の愚痴や悩み事など、女性にとっては挨拶のようなものだったとしても、男性にとってはそう捉えない人も。

彼女が連日、愚痴や悩み事を言っていたら心配になる人もいます。

あまり心配事が増えると、彼の心は不安でいっぱいになってしまいます

よい距離感を保つためには、2人の安定した関係が大事です。

お互い自立して自分のことはなるべく自分で解決できると、大人同士の絶妙な距離感が保てるようになりますよ。

毎日ちゃんと決まってあいさつをする

彼との距離感がちょうどよく保てるLINEの送り方3つ

あまりLINEのやり取りをしないとしても、毎日決まった時間帯のあいさつは欠かさないようにしましょう。

おはよう、おやすみだけでも、毎日決まった時にLINEが送られてくるのはお互いに安心です。

習慣にすれば彼もいつしかあなたのLINEを待っているということになるでしょう。

そういう流れを作ることで彼もLINEをしやすくなってきますよ。

まとめ

恋を長続きさせようと思えばお互いの距離感は大事です。お互いの行動を邪魔しないように心がけましょう。

心地よい距離感があれば、1人の時間も2人の時間も充実するはずですね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)