彼とのお付き合いも安定してきて、そろそろ彼と結婚したいと思っている……。

そんな幸せの渦中にいるときは、見るものすべてがバラ色でしょう。

ですが、結婚を意識したら、もう一度原点に戻って、彼が本当に結婚向きなのかどうなのかを見極めるべきです。

それでは、どういった人が旦那向きなのでしょうか?

結婚を意識したら?もう一度確認したい彼のこと3つ

彼の人生そのものが安定していること

旦那向きの男性は、人生そのものが安定していることが大事です。

経済力ももちろんですが、仕事もころころと変わったり、住む場所も落ち着かなかったりすれば、結婚しても安心して子育てすることもできないでしょう。

恋人の間は、彼が転職したり、転居したりするのもまた刺激的で楽しいかもしれませんが、それでも結婚すればやはり安定第一です。

もちろん、人生はわからないことばかりです。絶対的な安全はなかなか手に入れられません。

しかし、現時点で安定しているということは、それだけ安心できる可能性が増すということでもあります。

同じところに住み続け働き続ければ、会社が傾かない限りは徐々に彼も昇格して、お給料も増えるでしょう。

今もまだ彼がまだ夢を追いかけていたり、バイトなど仮の仕事をしていたりすれば要注意です。

そのまま結婚してしまっても、すぐに困難にぶち当たるかもしれません。

家事ができて金銭感覚がおかしくないこと

旦那向きの男性は家庭的でなくてはなりません。

恋人同士の時は、家事一つできない彼のサポートをするのが楽しかったという女性も、結婚となるとそうも言ってられません。

昔は夫が外で働くかわりに、妻が家を守るといったこともありましたが、イマドキはそれだけでは家計は回っていきません。

女性の収入がなくては生活するのが大変ですし、そうでなくとも男性も家事ぐらい軽くできるようになってもらわないと、子供を育てることが困難になってしまうでしょう。

経済に関しても、恋人時代は彼が貯蓄もせず遊び歩いてばかりいたとしても特に問題にはなりませんが、結婚した後も同じようだと家庭は早々に破綻してしまいますよね。

子供が好きなこと

結婚すると子供が生まれる可能性も出てきます。

そう考えると旦那向きの男性は子煩悩であったほうがいいですよね。

恋人同士の時は子供のことに興味がない彼でも問題はありませんが、子供が生まれることを加味すれば、子供に関心がない父親は問題です。

子供ができたら自然と情がわくかというと、そうならないことも。

子供を毛嫌いしているような彼だと、自分の子供だからといっても、なかなか父性本能は芽生えないかもしれません。

まとめ

恋人は人生における一時期のことだったとしても、結婚となると一生の問題です。

恋人同士の時はいい人と思えても、結婚したら旦那向きの人になるかといえば、実際はそう簡単でもありません。

だからこそ、結婚前には彼のことをもう一度チェックしておきましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)