LINEは気軽なコミュニケーションツールですが、使い方ひとつでよい印象にも悪い印象にもなるものです。

彼とLINEのやり取りをするなら、やっぱりこの子感じがいいって思われたいですよね?

そのためには、どうすればいいでしょうか?ここでは、具体的にアドバイスします。

男性に「この子…感じがいい!」と思われるLINEテクニック

彼のLINEの使い方について知る

男性が「この子感じがいい」と思うLINEを送るためにはまず、彼はLINEが頻繁に来るのを喜ぶ寂しがり屋なのか、LINEがあまり多いととたんにパニックになるタイプなのかを見極めましょう。

彼のタイプによって、LINEの頻度や文字量を調節する必要があるためです。

彼にとって一番いい頻度や文字量にしなくては、やっぱり彼にとってはLINEがストレスになってしまいます。

そうなれば、なかなか感じがいいLINEとはならないですよね?

そこで、まずは彼の気持ちがいいと感じるゾーンを探りましょう。

大事な日を外さない

例えば誕生日に「ハッピーバースデー!」のLINEが送られてくれば、うれしくない人はいないでしょう。

「覚えておいてくれたんだ」と思うでしょうし、彼自身が忘れていたら、サプライズ感も大きく、余計にうれしくなるでしょう。

このように、大事な日につかさず送られてくるLINEは心に残るものです。

そのほかにも、お正月の「ハッピーニューイヤー」LINEやクリスマスなどの「メリークリスマス」LINEも効果的です。

彼も友達と盛り上がっているかもしれませんが、そんな時はその盛り上がりに花を添えることになるでしょう。

彼がもし一人で寂しく過ごしているのならば、こんなLINE一つで心がほっこりするものですよ。

気遣いLINEを頻繁に出す

男性に「この子…感じがいい!」と思われるLINEテクニック

「風邪治った?」「無事帰れた?」などの気遣いLINEは、「あなたのことを心配しています」という意思表示でもあるので、もらってうれしくない彼はいないでしょう。

ただ、出すときはタイミングに注意!まったく風邪を引いてない時に、「風邪が治った?」と送られてきたり、飲み会やイベントがあって遅くなったというわけでもないのに「無事に帰れた?」などと送られてきたりすれば、いぶかしく感じてしまうだけです。

タイミングよく送るようにしてみましょう。

まとめ

LINEは電話と違って残るものだからこそ丁寧に送りたいものです。

何度も読み直されて困るものは送らないようにしましょう。

彼の心の中に「いい感じ」を残すためにも大事なことです。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)