「今度○○に行かない?」「今何してるの?」「ごはん行こうよ!」などなど、なんだかやたらと誘ってくる彼だけど、確か付き合ってる恋人がいるはず…。

いったい何を考えているのでしょう?

ただの遊びなのか、それとも本気なのか…?

彼女がいるのに近づいてくる男性の本音3選をお届けします。

彼女がいるのに近づいてくる男子の本音3選

特に何も考えていない

大学や職場に女性が多ければ、必然的に喋ったり、飲みに行ったりする機会が増えるもの。

よほどの人見知りなどでもなければ、いくら彼女がいるからといっても、周りにいる女性と交流を持たないなんてことはないでしょう。

なので、正直あまりいろいろと考えていなくて、社交辞令的に誘い文句を使うことがあります。

その時の勢いやノリで、誘うタイプです。

彼女がいるとか、いないとか、ということまで考えていないのですね。

こういうタイプの彼は、楽しければそれで良く、深く考えての行動ではありません。

なので、この手の男性に誘われた場合は、あまり深く考えずにスルーするのが正解です。

彼女と別れるきっかけ探し

あまり確率は高くはありませんが、ごくまれにあるのがこのパターンです。

恋人に対する気持ちが冷めてきたけれど、別れるキッカケも掴めず、なかなか別れることができない男性なのかもしれません。

だから、色々と誘ってみたり、メッセしてみたり。

できれば二人で会って、時間を楽しみ、なんなら好きと伝えたい。

近づいて脈があれば、恋愛が上手くいきそうなタイミングで彼女と別れるつもりなのかもしれません。

流れは恋愛ドラマみたいですが、「そういうことは彼女と別れてからにしろ」と声を大にして言いたいですね。

彼女以外の女性とも遊びたい

ぶっちゃけて言ってしまえば、体目当て。

「俺ってモテる」とも思いたい。

彼女以外の女性と遊びに行ったり、ごはん食べたりして楽しみたい。

彼女のことは変わらず好きだし、分かれる気もないけれど、でも刺激も欲しい。

正直ちょっと物足りない自分の心のすき間を埋めたいのです。

そんな男の身勝手さからの行動なのですね。

大好きな彼女がいても、時に、男性の心と体は一体化しないもの。

魅力的な女性がいれば、「この女性と一夜を過ごしたい」と考えてしまうこともあります。

近寄られた女性にとってはハタ迷惑ですが、「私に魅力があるから仕方ない」くらいに思ってスルーしてやりましょう。

初対面なのに、やたら褒めてきたり、軽い下ネタを言ってきたりするような男性には要注意です。

おわりに

彼女がいるのに近づいてくる男性のほとんどは、なんらかの下心を持っていると思って警戒しても良さそうですね。

でも、中には恋人がいるにもかかわらず、他の女性を好きなってしまうこともあります。

そんな時は、今の彼女を傷つけないような振る舞い方をするべきでしょう。

彼女のことをないがしろにせず、「恋人いるんでしょ?」「彼女を大切にしないと」などとワンクッション置いて接するようにしてください。

その一言で考え直す男もいます。

迫られて本気になる前にしっかり彼の本音を見極めましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)