男性も女性も一生懸命働く時代ですから、彼氏よりお給料が多い…なんてこともよくあることです。

それでも、好きな気持ちは本物ですし、彼には自信を持って彼氏でいてほしいですよね。

そこで今回は、そんなときに男性が気遣ってほしいことを調査してきました。

基本は割り勘! 奢りはご褒美!

男性には「払ったほうがいいかな…」と、どうしても「男のプライド」的なものがあったりします。

でも、お財布的につらいのも事実ですから、基本はこちらから割り勘をしっかりと提案してあげるのが正解。

逆に私のほうが、給料が多いし…と多めに出すとプライドを傷つけかねません。

金銭面では、彼氏彼女として対等であるように気遣ってあげましょう。

ご褒美として出してあげられる場合には多く出してあげるのもOK。

たとえば、たいへんだった仕事が終わった、なにかを達成した、昇格した、転職や引っ越し祝いでもいいかもしれません。

なにか理由をつけれるなら、彼のプライドを傷つけずに奢ってあげられるはずです。

プレゼントの差額は小さく

彼にプレゼントを買ってあげる場合も、彼が買ってくれるプレゼントよりも、いくらか高いもの、ということもあるはず。

でも、あまりにその差額が大きいと、彼は素直に喜べないことも…。

彼が大好きだから、自分が納得できる金額のものをあげたい! と思ってしまいますが、彼からのプレゼントと同じくらいのものを選ぶのが、彼への気遣い。

もしくは物ではなく、値段のわかりにくい旅行や食事を奢る、というのもひとつの方法です。

購入報告は控えめに

「○○買っちゃった~!」という報告は、カップル間でも楽しい話題ですが、彼よりお給料が多いなら、購入報告は控えめに。

「え、また買ったの!? 俺だったらそんなに頻繁に買い物はできないなぁ~…」と、経済力の差を実感させてしまうかもしれません。

買う前から、「○○が欲しいんだよね~」と言っておいて、そう伝えたものだけ「ずっとほしかった○○買っちゃった~!」と、話題に出すといいかもしれません。

そうすれば、衝動買いしたという印象になりにくいですし、他に買ったものがあったとしても、気づかれにくいはずです。

お金のかかる交友は最小限に

たとえば、ちょっとお高いバーや、ハイスペックな人たちが集まる場など。

お金のかかる交友関係は、彼を不安にさせてしまいかねません。

彼氏にとってみれば、「自分には手が届かない世界だ…」と感じて、同時に「ハイスぺ男子に、彼女を取られるんじゃ…」と不安にもなるものです。

普段から「お金や収入は関係ない。○○なあなただから一緒にいたいんだよ」というのを伝えて、彼との信頼関係を強くしておくことも大切。

金銭関係の話題で不安を与えないよう、日ごろから気をつけておきましょう。

おわりに

「愛はお金じゃない」とはわかっていても、お金は生きる力ともいえます。

だからこそ、将来も含めて彼女と一緒にいたいと考える男性ほど、自分のほうが、お給料が低いことで自信を持つのが難しいなんてことも…。

少しの気遣いと丁寧なコミュニケーションで、日ごろから、彼との信頼関係を築くことを意識してみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)