恋人をつい束縛してしまう男性もいますが、逆に恋人からの束縛を嫌う男性もいます。

女性と付き合ってもある程度の自由は欲しいと考えている男性は、女性と付き合う前に束縛女子ではないかをチェックしていることもあります。

ではどんな部分をチェックしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

束縛女子は嫌われる!男が付き合う前にチェックしている束縛女子の特徴

過去に束縛した経験があるか

「自分は、元彼とはどんなことで別れたのかを女性に聞いてみて、束縛するような女性かどうかをチェックしています。

『全然連絡を返してくれなくて』って話だったら、『全然ってどれくらい?』みたいな」(Iさん・27歳男性)

過去に束縛した経験があるどうかで束縛女子かをチェックしているという人もいました。

彼氏が彼女の束縛に耐えきれなくなって別れたとなれば、それ程の束縛をしたということ。

「飲み会があるときは事前報告してって言ったのに、してくれなかった」ということで、どれくらいの喧嘩になったのか、そういったところから束縛の度合いを見極めているようです。

理想の恋愛がある

「理想の恋愛像がある女性って束縛してくる可能性が高いと思っています。

例えば、『プロポーズってどんな風にされたい?』ってきいて、ロマンチックな答えが返ってくる場合は要注意です」(Sさん・28歳男性)

理想の恋愛像がある女性というのは、その理想を男性に押しつけてしまいがち。その理想は女性側の理想であって彼氏の理想ではないはず。

なので、あまりにも理想が高い、ロマンチック過ぎる場合は男性も引いてしまうようです。

プライドが高い

束縛女子は嫌われる!男が付き合う前にチェックしている束縛女子の特徴

「プライドが高い女性とか気が強い女性は束縛もキツいイメージがあります。

例えば『毎日LINEをしてほしい』ってなったときにできない日があると、メチャクチャ怒られるんですよ。

プライドが高いですから、そういうのは許せないんでしょう」(Rさん・26歳男性)

束縛が強いというよりも、その束縛を嫌がったときや守れなかったときに喧嘩に発展してしまうケースが多いというわけ。

気が強い分、自分からは折れない、謝らない、束縛をやめないという感じなのだとか。

ネガティブ

「束縛をする人って自分に自信がないんだと思います。『愛されたい』とか『満たされたい』っていう気持ちは全部、劣等感とかコンプレックスとかからくるもんだと思うんです。

なので、そういうのが強い女性かをチェックします」(Dさん・29歳男性)

ネガティブな女性というのは彼氏の行動によって安心を得たいという気持ちが強うもの。

「浮気が心配だから女性のいる飲み会には出席しないで」という束縛は自分に自信がないためにおきます。

そのため、具体的には「浮気されたことある?」とか「彼氏が女性のいる飲み会に行くのとか許せる?」という感じで質問して、束縛しそうかチェックするのだそう。

束縛女子は自分の束縛に気づいていない?

今回は束縛を嫌う男性が、女性と付き合う前に束縛女子かどうかをチェックしている部分をご紹介しました。

束縛をしている女性の中には、自分が束縛女子であることに気づいていないこともあります。

その中には「彼氏がいうことを聞いてくれないから束縛するの」という人もいます。だけど、それこそが束縛であることに気づいていないというわけ。

まずは自分が束縛しがちかどうかをチェックしてみることをおすすめします。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)