さっきまでは普通に接していたのに、急に冷たい態度を取ってくる男性っていたりしますよね。

そういった場合、男性は一体どういった心境にあるものなのか、気になる女性も多いことでしょう。

そこで今回は、男が好きな女性に「冷たい態度」を取る理由を紹介します。

「嫉妬」をしている

照れ隠し?男が好きな女性に「冷たい態度」を取る理由

好きな人に対しては、好きだからこそ「嫉妬」という感情も芽生えてしまいやすいもの。

それは男性だって同じなので、好きな女性にヤキモチを焼いて素っ気なく接するといった行動を取ったりすることもあります。

他の男性と仲良く会話をしたり、他の男性のことを褒めるような発言をしたりしたときに、冷たく当たってくることが多いのならば、それは「好き」の裏返しである可能性大。

モヤモヤとした感情を自分の中で抑えきれなくなり、恐らくそれが無意識的に冷たい態度となって表れているのでしょう。

「照れ隠し」の態度である

男性は、自分の感情をなかなか素直には表現できないという人が多いです。

好きな女性に対しても、「好き」という気持ちを前面に押し出せるような男性は少ないはず。

恥ずかしさのほうが勝ってしまうので、「照れ隠し」から冷たい態度を取ったりすることもあるでしょう。

あなたに対してだけはどこか余所余所しかったり、変にカッコをつけたりマジメに見せようとしたりするのなら、異性として意識している証拠かもしれませんよ。

本当は「かまってほしい」

照れ隠し?男が好きな女性に「冷たい態度」を取る理由

なんとかして少しでも好きな人の気を引きたいと思うのは、当然のことです。

そのためにも、普通はアプローチをしたり、いいところを見せようとしたりするもの。

でも、男性は「かまってほしい」からこそ、わざと素っ気ない態度を取って関心を持ってもらおうとしたりすることもあったりします。

突然冷たくしてきたり、挑発してきたりするのに、あなたとの関わりは常に持とうとするのであれば、その男性は本当はあなたのことが気になって仕方がないのでしょう。

好きなのが「バレたくない」

男性はプライドが高いうえに恥ずかしがり屋な人が多いので、自分の「好き」という気持ちがバレるのを嫌う傾向にあります。

相手の女性にもバレたくないですし、周囲の人たちにバレてからかわれたりするのも避けたいはず。

そのため、自分の気持ちを悟られないように、必要以上に好きな女性に冷たくしてしまうパターンもあるかも。

みんなの前では冷たいけれど、2人きりになるとちょっとやさしくなったりする場合は、「あなたに嫌われたくない」という思いも働いているという証拠でしょう。

おわりに

男性は好きな女性に対して、冷たく接してしまうこともあったりします。

それは「好きだからこそ」起こる感情であったりするもの。

女性もそういった男心を理解してあげられると、おかしな誤解などは生まれにくくなるかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)