「もう彼と別れたい!」と思ったとき、あなたならどうしますか?

できれば、ドロ沼は避けたい、きれいに別れたいと思うのは当然ですよね。

ですが、別れはたいてい一方的なもの……。

片方は別れたいと思っていても、片方はそう思っていないことがほとんどかもしれません。

そんな状態の中、きれいな別れをしようと思うなら、下準備が必要になってきます。

そんな下準備はLINEにお任せしましょう。

ここでは、LINEを使って別れを切り出しやすく方法をアドバイスします。

上手に別れるには?別れを切り出しやすくするLINE遣い3つ

不穏な空気を出しておく

「もう別れたい」と思ったら、LINEを使って不穏な空気を出しておきましょう。

例えば、「今はやりたいことがある」「最近あなたとは会話が合わない気がする」など、ちょっとした不満を感じていることや気持ちが違うところにあることを、マメに伝えてみてください。

この時、彼との関係がギグシャクするのを恐れていい顔をしてしまうのはNGです。

問題が先送りされるだけで、あなたの真意は彼に全く伝わらないでしょう。

お別れが来るのなら、「もうお別れかも」と相手に気づかせておくほうが親切です。

少しでもそんな予兆を感じたら、彼も少しずつ心の整理ができますが、幸せの絶頂でいきなり不幸のどん底に落とされたら、彼も人間不信になってしまうかもしれません。

そうなってしまうと、ドロ沼ですからね……。

徐々に距離を置く

徐々に距離を置くことも有効です。

例えば、LINEの返事をすぐに返さない、何回かに1回しか返さないというのもいいでしょう。

あなたが冷たくなったと彼が感じたら、彼も別れを警戒するはず……。

状況に応じてはそのまま自然消滅という手もありかもしれません。

LINEの返事をしなくなるうちに、彼のほうもLINEを送ってこなくなれば、自然と消滅することも可能です。

ですが、彼が未練を残しているようだったら、やはり最後はちゃんと別れを告げたほうがいいでしょう。

きっちりと恋を終わらせなければ、次の恋には進めません。

あいまいな態度をとらない

もし彼と別れると決めたなら、あなたの方が後ろ髪引かれないようにしましょう。

別れに際して、彼も泣いたり、怒ったり、きれいな言葉を言ってあなたを引き留めようとしたりするかもしれません。

そのたびに、あなたの気持ちがぐらぐらと揺れたら、彼はこれ幸いと復縁を望むでしょう。

そうなれば、別れることも難しくなってしまいます。

別れたあとにまたLINEをしないよう、心を鬼にして避けましょう。

それもやさしさの一つですよ。

まとめ

きれいに別れることは大事なことです。

別れがこじれるとストーカーに発展してしまう場合も……。

そうなれば、次の恋はもちろん成就できません。

きっぱりした態度で臨むようにしましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)