「彼がほとんどしゃべらないから、何を考えてるのかさっぱりわからない」

そんなお悩みを抱えている女性は意外と多いかもしれません。

あまり多くを語らない男性、けっこういます。寡黙な姿勢がかっこいい……となりそうですが、やっぱりしゃべってくれないと、何を考えているのかわかりませんよね。

もしお付き合いが始まったとしても、相手が考えていることが理解できないのは不安になってしまうでしょう。

今回は、そんな自己主張控えめな男性の本音を引き出すクエスチョンの聞き方をアドバイスしたいと思います。

ぜひ一度、試してみてくださいね。

寡黙な男性の気持ちがわかる!本音を聞き出す質問3つ

はい・いいえで答えられない質問をする

自己主張控えめな男性は、特に困らない限り積極的に話そうとはしません。

そこで、はい・いいえで答えられない質問をしてみましょう。

たとえば「明日は仕事?」と聞けば、「はい」もしくは「いいえ」で答えられてしまい、彼はそれしか言わないでしょう。

ですが、「明日の予定を教えて?」と聞けば、何か具体的に答えないといけません。

質問を変えるだけで、彼がしゃべらないとならない状況にするといいかもしれませんよ。

でも、あまりしつこくやりすぎると面倒がられて、嫌われてしまうことも考えられます。

彼の顔色をうかがいながら、少しずつ小出しにしてくださいね。

より具体的な質問をする

気になる彼があまりおしゃべりでない理由として、どうやって答えたらいいのかわからないから、面倒くさくなって答えていない、という場合があります。

たとえば「明日のデートの予定はどうする?」と漠然とした質問を振られても、彼は内心『何について話したらいいんだ……?』と感じているのかも……。

そこで、「明日、お昼に職場近くの人気のレストランに行きたいんだけど、デート先は何か予定を考えている?」など、すこし詳しく、具体的な質問を投げかけてみましょう。

彼からしても質問が明確なぶん、「そのレストランより〇〇に行かない?」とか、「明日は〇〇に行くから、遅い時間にそのレストラン予約入れておこうか?」などと答えやすくなりますよね。

抽象的な、何を答えたらいいのか迷う質問を少なくして、具体的に答えられる質問を多くしてみるだけで、彼との会話の機会も増えていくはずです。

まずは自分のことを話す

自己主張控えめな男性の中には、おしゃべり下手すぎて、うまく答えられず、地雷を踏むんじゃないかと恐れている人もいます。

彼女に質問されても、「なんでこんなこと聞かれているの?」と警戒してしまっては、なかなか楽しいおしゃべりとはなりません。

そんな時は、あなたのほうから「私なら〇〇だけど、××さんは?」と水を向けてみましょう。

たとえば、「明日どこに行きたい?」と聞かれるより、「私は明日〇〇に行きたいけれど、××さんは?」と聞かれたほうが、「僕もそこがいい」「僕は〇×がいい」と答えやすくなりますよね。

まとめ

自己主張控えめな男性も考えていることはあるし、話したい思いはあるはず……。

すこし質問の仕方を変えたり、答えやすいタイミングで話しかけたりしてあげることで、あなたの愛情も確かに伝わっていきます。

恋愛で大切なのは、「相手に寄り添うこと」。

自分のことだけを考えるのではなく、相手の立場に立って、相手の思いに寄り添ってこそ、関係は長続きし、より深い愛も育めるものなのです。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)