長続きするカップルにはそれなりの理由があります。

恋愛も人間関係ですから、お互いに気分が良い状態を続けられなければ、別れの日が来てしまいます。

そうならないために長続きカップルが決めている2人だけのルールについて語ってもらいました。

長続きカップルは決めている隠れルール

LINEの文量に“リミット”を決める

「仕事で忙しいと、LINEを返せないときもあるでしょ。でもそれが続くと不安になる彼女も多いので、最初の頃にいつも最低これだけは送るってLINEを設定してます。

女性によってどのくらい我慢ができるのかも違うから、認識を合わせておかないとね」(29歳/コンサルティング)

忙しいとわかっていても、LINEがずっと未読のままだったり、既読スルーされると不安になるのが女心。

「どんなに忙しくても、毎日最低朝だけはLINEをする」など、最低限が決まっていると安心感がありそうです。

彼に負担をかけない範囲で、「このくらいLINEが来ないと嫌われているのかって考えちゃう」などと伝えてみましょう。

甘えたいサインの送り方

「自分も結構甘えたがりなところがあるけど、男だから素直に甘えさせてとはなかなか言えない。

彼女も強がって甘えてこないこともあるし。だから甘えたいって言う代わりに、『家に行っても良い?』って伝えるってサインを決めてます。

これがあれば相手も準備してくれるし」(26歳/アパレル)

男の人も仕事で疲れた時などは彼女に甘えたいと思う物です。それを「男らしくない」なんて言っては可愛そう。

とはいえ、プライドが高くてなかなか本心を言葉では言えないのも事実でしょう。

こんな風に遠回しに気分を伝えられたら、スムーズなコミュニケーションが図れそうです。

お金がピンチな時の出し方


長続きカップルは決めている隠れルール

「まだまだ稼いでる額が少ないから、デート代がかさんでお金がピンチになることもよくあるんです。

そんな時は、彼女にピンチって伝えると、彼女がその月の残りの額を8割出してくれる。その代わり彼女がデートする回数を決めていいってルールにしてます」(25歳/ゲーム)

比較的若い男性は、デートを頻繁にするほどのお金を持っていない場合も。

最初から割り勘にするというルールでも良いでしょうが、ピンチの時だけ助けるという方法の方が、男性も納得しやすいのかもしれません。

彼女の方も自分の気持ちとデート代を計算しながら予定を伝えられるので、お互いにストレスなくデートができそうです。

一人時間の確保

「付き合い始めて最初に決めるのは、一人の時間の確保方法ですね。

自分は一人の時間がないと、とにかく気分がトゲトゲしだすので彼女にも申し訳なくて。だから一人になりたいときは休みでも無理だと伝えておきます」(39歳/自営)

休みで予定がない日のうち、どれくらいデートをしたいのかは個人差がある部分です。

人によっては、休みなら毎回会いたいと思うでしょうし、一方で毎週合うのは疲れるという人もいるでしょう。

その辺のバランスは初期の段階で調整しておく方が良いでしょう。

おわりに

付き合う相手が変わると、価値観のすり合わせを一からやり直さなければなりません。

この段階で、伝えづらいことの伝え方や、自分が絶対に譲れないことなどは相手に伝えて、2人のルールを決めていくと長続きするかもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)