占いで登場する星座は、実は12ではなく13。

13星座占いでは蛇使い座がプラスされ、12星座とは違う星座運命を占うことができるのです。

そんな13星座占いで、実は性欲が強い女性ランキングを占います。

12星座とは生年月日の期間が異なります。

自分の生まれた日が含まれる期間の星座を捜してください。

12位から2位、13位、1位の順での発表です。

性欲が強い女性

12位 てんびん座(11/1~11/23)…他にも大切なことがありすぎ

てんびん座の性欲は、ただセックスをするだけでは満たされません。

その日の体調、メイクやファッションのノリ、ふたりのテンションとムードが同じくらい大事。

どれかが足りないと、スル気もイマイチなことになります。

11位 みずがめ座(2/17~3/12)…淡泊

もちろん性欲はありますが、何が何でも満たしたいという感じではありません。

相手がいないならしなくてOK。

仕事でも趣味でも、友だちと飲むでも、他のことをしていれば別に必要ないんじゃ……と、淡泊に思うのです。

10位 かに座(7/20~8/10)…基本性欲は強い

子供を産んで温かい家庭を持ちたい欲求が強い、かに座。

とても基本的なところでの性欲が強いと言えるでしょう。

また、相手を癒すことができるなら、性欲を発揮します。

自分自身だけみると、そう強くもないかも。

9位 ふたご座(6/22~7/19)…好奇心の方が強い

好奇心が旺盛で、何でもとりあえず試してみたいふたご座。

性に関することにも興味津々です。

性欲は強めではありますが、抑えることも全然可能。

性欲よりも、好奇心を満たしたい気持ちが強い場合も多いでしょう。

8位 やぎ座(1/20~2/16)…理性が強い

性欲は強いのですが、「性欲をあんまり見せるとマイナスな感じがする」という理由で、そんな素振りを見せないのがやぎ座。

理性で性欲をコントロールします。

いざベッドの上に乗ったら、性欲を隠したりはしません。

7位 おうし座(5/14~6/21)…快楽主義

おうし座は独占欲が強い星座です。

相手の体を支配する感覚が好きで、性欲も強いと言えるでしょう。

また、快楽という意味でセックスは大好き。

気持ちはもちろん、体の相性も良い彼氏は離したくないと思います。

6位 しし座(8/11~9/17)…ワガママ性欲

しし座の性欲は強いでしょう。

やりたい時にやる、やりたくない時はやらないというワガママ性欲です。

「どうしても私としたいなら、相手になってあげる」という上から目線な気分のときに、性欲が強まる傾向も。

5位 いて座(12/18~1/19)…強いけど飽きる

性欲は強めのいて座。

しかし、同じものをずっと食べ続ければ飽きるように、同じ人・同じセックスが続くと飽きて、他のことをしたくなります。

そうなれば性欲はとりあえず引っ込んで、英気が養われたらまた出てくるでしょう。

4位 うお座(3/13~4/18)…気持ちいいし!

セックスは、彼に必要とされていることがよくわかるツールだと魚座は感じています。

甘えたいという欲求が、性欲を高めているのです。

セックスをすれば気持ちがいいので止められなくなり、快楽に流される傾向も強いでしょう。

甘えたいという欲求

3位 へびつかい座(11/30~12/17)…実は強め

意志を強く持って、ストレス社会を渡っているへびつかい座。

性欲は日々の活動に押し込められている傾向がありますが、実は強め。

性欲オープンOK! な状況になれば、気持ちに素直に、大胆にふるまうでしょう。

2位 さそり座(11/24~11/29)…性欲は必須要素

さそり座の恋愛に性欲は必須要素です。愛し合っているのならば、彼と身も心も一体となるべきと強く思い、可能な限り求めます。

セックスをたくさんすることで、自分の愛も彼の愛も大きくなっていくと思うのです。

13位 おとめ座(9/18~10/31)…脳内性欲は強い

性欲はものすごくあるのですが、それは脳内のことだったりします。

リアルな性欲があるのではなく、単にスケベなだけと言えるでしょう。

リアルで機会があっても、思い描いたようにはいかず、がっかりすることも。

1位 おひつじ座(4/18~5/13)…脳が性欲でいっぱい

火が付いてしまったら、脳が性欲でいっぱいになってしまってるんじゃないか? というくらい性欲が強いのがおひつじ座。

取り急ぎコトをいたして鎮火しないと、いろいろ支障があるんです。

終わったらスッキリ!

脳が性欲でいっぱい

さいごに

性欲は、生きていくうえで必要な欲求です。

恋愛のモチベーションにもなり、生活に張り合いが出るのも、性欲あってこそ。

性欲が強くても強くなくても、自分のペースを大切に、彩りのある人生を送りましょう!

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)