恋愛関係を長続きさせるためには、気づかいや相性も大切ですが、「ほどほどにテキトーであること」が、関係を長続きさせるみたいですよ。

そこで今回は、実際に長続きしているカップルにどんな「テキトー恋愛」をしているのかを調査。

長続きさせたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼氏との仲を長続きさせる?「テキトー恋愛」のすすめ

待ち合わせは「○分~○分頃」

「僕らは待ち合わせの時間がアバウトです。
たとえば、以前は『13:30』 と決めていたんですが、最近は『13:30-14:00くらい』に。
そうすると、遅刻するとか考えずデートもゆったり楽しめています」(31歳・男性・交際2年目)

ピッタリ時間を指定しまうと、5分、10分遅刻!などと考えてしまい、焦ったり神経質になったりすることもしばしば……。

時間を「だいたい指定」にすれば、気持ちにゆとりを持って、デートに向かうことができます。

「○○頃着くけどどうかな?」とやりとりすれば、デート自体ものんびりしたプランになりますよ。

ふたりの性格にもよりますが、ひとり時間をつぶすのが上手な方や車で迎えに行くパターンの場合には、こういった方法もいいかもしれません。

デートプラン変更OKを共有

「カラオケ→買い物→夕食の予定だったんですが、暑い日だったので、『ゴハンまでここにいよっか~』と、買い物はキャンセル。
『暑いしそれでいいよね』と、テキトーな感じが、私たちが長続きしてるポイントかも」(29歳・女性・交際3年目)

デートプランに関してテキトーなら、そのとき一番楽しい過ごし方ができるものです。

お店予約のドタキャンはNGですが、それ以外で状況が許すなら、プラン変更はいつでも提案してOK!という意識を、ふたりで共有しておくのもいいかもしれません。

LINEの返信は今日中ならOK

「ありがちな既読スルーは全然OKにしてます。
ただし、その日のうちに返す。
その日のうちであれば、いつ返信してもOKにしてるので、無駄な思いわずらいがなくて気楽です」(31歳・女性・交際3年目)

LINEの返信に関して悩む女性は多いものです。

それでも、あえて既読スルーOKと決めておけば、嫌われた? なんで返事くれないの?とモヤモヤ悩むことがなくなりますね。

すぐに返信がほしいときには、事前に「なる早で返信でよろしく!」と付け足したり、それがわかるスタンプをお互いに決めておいたりするのもいいかもしれません。

お金は出したいときに出す

「ぼくらは基本割り勘です。
でも、奢ってあげたいときは奢りますし、彼女も遠慮しません。
彼女も、いくらか出したいときは出してくれますし、次の機会に『今日は私が出すよ~』と言ってくれます。
深く考えず、テキトーなギブアンドテイクが気に入っています」(33歳・男性・交際4年目)

お金の問題はデリケートなので、一番ふさわしいルールがほしくなります。

でも、そもそもお金で愛情が左右されるわけではありませんし、自然に出す・奢られる、というのがベストなのかもしれません。

おわりに

長続きしているカップルは、細かいことにこだわらないようです。

でも、一番大切な「意思の疎通」はしっかりしている印象でした。

つまり、自分ひとりで考えずお互いに一番楽な方法を共有すること……。

これが、長続きの秘訣なのかもしれません!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)