現代の男女は、まずはLINE交換から……というケースが実に多いもの。

LINEのやりとりで恋の進展が決まると言っていいほど、LINEは現代の恋愛において重要ツールになっています。

そんなLINEのやりとりで知っておきたいのが、好意を匂わせる技。

好意を匂わせるLINEを活用すれば、きっと、気になる彼をドキっとさせられるはずです。

気になる彼に使える!好意匂わせLINE4選

カップル用スタンプを送る

LINEスタンプのなかには、カップル用のラブラブムードなスタンプも。

この一見、彼氏相手にしか使えなさそうなスタンプこそ、好意を匂わせるにはいいアイテムです。

ラブラブムードたっぷりのスタンプが送られてきたら、彼も「もしかして好かれてる?」とドキドキしてしまうこと間違いなし。

思わず、あなたのことを意識してしまうはずです。

ただし、彼が温度差を感じて引かないように使うことが大切です。

「LINEの文面はあっさりめ」「カップル用スタンプばかり使わない」など、彼との温度差が出ないよう、バランスをとっていきましょう。

早めの既読&返信

LINEを焦らすワザもありますが、筆者的にこれはあまりおすすめしません。

結果的に吉となる場合もあるものの、既読や返信が遅いことで会話のテンションが下がる、テンポよくやりとりできない、とマイナスになることも多いと思うのです。

焦らすことも大切ですが、じれったいやりとりに疲れ、彼が離れてしまう原因になることも。

早めの既読&返信で、「もしかして好きなのかな?」と思わせぶりな態度をとるほうが、距離が縮まりやすいはず。

即返信である必要はありませんが、彼の返信頻度より少し早めくらいだと好感度が高そうです。

質問で会話を広げる

気になる彼に使える!好意匂わせLINE4選

自分に興味を持ってくれると人は嬉しくなりますし、「好かれているのかな?」と好意を感じるもの。

特に男性は、女性が自分に興味を示してくれると、プライドが刺激されてテンションが高まりやすい傾向に。

「〇〇くんは、どこで遊ぶことが多いの?」「〇〇くんのおすすめは?」など、質問で会話を広げていくのが◎

好意を匂わせつつ会話が広げることができるので、やりとりを続ける効果もあります。

おすすめや彼の意見を聞く質問で、印象アップを狙っていきましょう。

わざとおふざけスタンプも送る

ある程度の距離感でやり取りができているなら、気心知れた友達にしか送れないような、おふざけスタンプを送るのも、好意を匂わせる方法のひとつ。

喜怒哀楽も言葉ではなくおふざけスタンプで伝えると、くすっと笑えて、重たい雰囲気になりません。

わざとふざけることで、それだけ「気を遣わなくていい心を許した相手」と思っていることを示せますし、自然と心の距離が縮まります。

「好意があるからこそ、ふざけてくるのかな」と、彼もあなたのことがますます気になるはずです。

おわりに

お互い気になる段階は、素っ気ない態度よりも好意を匂わせたほうが、距離は縮まりやすくいい結果につながるもの。

あまり駆け引きせず、素直な気持ちで彼とのLINEのやりとりを楽しむのが賢い選択です。

彼の気持ちを考えつつ、彼に興味を持って素直に返信。自然な行為を大切にしてみてください。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)