実家暮らしって最高ですよね。

何もしなくても、あたたかいご飯が用意されていて、お風呂もある。

オシャレな洋服だって、洗濯カゴに入れておけばOKでキレイになって戻ってきます。

休みの日は家事の心配なく、好きなだけ寝ていられますよね。

そんな風に、実家にいるとついつい家事全般を親に甘えてしまい、女子力低下をもたらすことが…。

そして何よりも、結婚が遠のくケースもあるので注意が必要です。

では、実家暮らしの女子はどのような理由で結婚時に不利になるのでしょう?

今回は、「実家暮らし女子」が結婚するときに不利になりやすい理由をご紹介いたします。

結婚するとき「実家暮らし女子」って不利なの?

家事全般できなそう

実家暮らしの女性は、食事や洗濯物を母親任せにしていることが少なくありません。

中には、洗濯機を回したこともない、お味噌汁の出汁の取り方すら分からない女性も…。

しかも、仕事を持っている女性ほど、「実家にはお給与から〇〇円入れているから、親には家事くらいやってもらわなきゃ!」なんて考えていたりします。

それでは自立なんて無理だし、自ら結婚を遠のけているようなものです。

おかげで実家暮らし女子のイメージは、「家事全般が苦手」、「生活全部を親に任せっぱなし」、「結婚してもだらしない家庭になりそう」などなど、ネガティブなものになっています。

こうしたイメージを拭いさるには、「実家暮らしは家事を習得できる最高の場所」と考え直して、最低限でも自分のことは自分でできるようになりましょう。

「働いているから」「お金を入れているから」という甘えをは捨ててください。

全てをこなせないなら、どこかの分野ひとつだけでも家事を手伝うようにしたいですね。

家計のやりくりができなそう

実家暮らしの最大のメリットは、家賃、光熱費、食費などの生活費がほとんどかからないことです。

同じ会社員でも実家暮らしと一人暮らしでは使えるお金にけっこうな差があり、お給料はすべてお小遣いという実家暮らし女子も少なくありません。

こうした金銭的余裕に甘えてしまうと、物欲ばかりが優先されてしまうという結果になり、ブランド品などの持ち物からも分かるほど……。

そんな実家暮らし女子の無駄遣いぶりを見ていたら、結婚して家計を任せられるのか不安になるのは当たり前ですよね。

交際がスムーズに進まなそう

家事や金銭面に苦労しない実家暮らしですが、その反面、親の束縛や厳しい目がつきまとうでしょう。

親からすればいつまでたっても可愛い娘なので、結婚前に何かあったら大変!とばかりに、厳しい門限や外泊禁止などが言い渡されることもあります。

これでは、恋人とのデートや旅行もままなりませんよね。

こうした親からの拘束や口出しが、交際や結婚に不利となる場合もあります。

でも、娘の幸せな結婚を望まない親なんていないので、きちんとした相手ならば、喜んで送り出してくれるものですよ。

おわりに

実家暮らしは天国!

なんて思っている女性ほど、その恵まれた環境に甘えて婚期を逃してしまいます。

また、実家暮らし女子は結婚後の生活が心配…と思っている男性も少なくないので、危機感をしっかり持ちましょう。

実家暮らしでも、自分自身でルールを決めてコントロールしていくことが大事です。

自分のことは自分でできる、自立した女性を目指したいですね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)