生きていくうえで必要になってくるのが、お金。もちろん、恋愛においても必要不可欠なものです。

「愛があればお金はいらない」と言う女子を、現実ではほぼ見たことがありません。

付き合う前に、彼の収入をしれっと想像したり、付き合ったあと彼にお金がなくなればしれっと離れてみたり……。それは悪いことではないのです。

愛するのにも愛されるのにも、多少のお金は必要だから。

さて今回は、【収入の少ない彼氏と別れるべきなのか、それとも結婚しても大丈夫なのか?】という問題について、一緒に見ていきたいと思います。

収入の少ない彼氏と別れるべき?結婚すべき?

男子から見る「男のお金のことを考えている女子」について

男子から見ると、女子は付き合う前に、この男はどれほどの量のお金を持っているのかを、しれっと値踏みしているように感じます。

デートのたびにそこそこの居酒屋に連れていってくれて、ホテル代も出してくれそうな程度にお金を持っているか、持っていないかを……。

それが良いとか悪いとかという話をしているのではなく、そう見えるのです。

なので、付き合ってくれたら「俺程度の財力でもこの子はOKなんだ」と思うし、反対に付き合ってくれなければ「この子は俺より稼ぎのいい男とじゃないと付き合わない子なんだ」と思うのだそう。

要するに、男は財力込みで女子に選ばれたり選ばれなかったりする――こういう感覚を男たちは持っています。

なので、女子にとってのお金に関する本当の問題は、付き合ったのちに、じつは彼の収入が少ない(あるいは不安定)というのが発覚したときではないでしょうか。

付き合う前とか、付き合って数ヵ月は、無理をしてお金があるふりをしていた彼が馬脚を現したときにどうするのか、という問題です。

どうすればいいのでしょうか?

答えは2つあります

この場合、答えは2つあります。

1つは別れる。

お金がないという事実を彼が彼女に正直に言えない関係をつくったのは、あなたにも責任があるのです。

もちろん、正直に言わなかった彼がよくない……。

でも「言えるか言えないか」というのは、ふたりの関係が決めることでもあるのだから、言えない関係をつくってしまったあなたにも非があります。

非を認めて別れる。これが選択肢1。

選択肢2は、付き合い続けるです。

彼はあなたのことが大好きだから、無理をしてまでお金があるふりをしていた。

このことに感謝して、「お金がなかったらないなりに付き合い続けよう(なんなら結婚しよう)」。

こう判断することもできますよね。

大事なことはしっかり値踏みをするということです

大事なことは、お金とは、その人が持って生まれた器の形と大きさによって、手にする量が決まるということです。

とくに若いと、お金とは努力すれば手に入るものだと思ったりしますよね?

たとえば、将来公務員になりたいと思っている人は、それがあなたが持って生まれた「お金が入る器の形」でしょう。

その形から、必然的に器の大きさ、つまりお金が入る量が決まります。

将来公務員になりたいと思っている人が、ただの興味本位でキャバクラでバイトして、時給5000円を荒稼ぎすることって少ないでしょう?

キャバクラではなくて、たとえば塾の講師のバイトをしたり、学童でバイトしたりしながら、ほどよい量のお金を稼ぐでしょう?

つまり、器の形と大きさこそが、あなたが持って生まれた人格であり、あなたの人生そのものであり、あなたらしさです。

彼氏の収入や、その安定具合を値踏みするというのは、あなた自身がどのような人生を送りたいのかについて、自分なりに考える、ということですよ。

だから、しっかり値踏みするといいのです。

おわりに

お金の問題ってデリケートだし、相手にお金を求めすぎることに罪悪感を覚える人もいることでしょう。

でも、人は自分の器以上のお金を手にできないのだから、お金の問題について考えるということは、自分の器(人格・人生etc)について考えるということなのです。

今のうちにしっかり自分の器について、考えをめぐらせてください。

自分の器をよく知っている人は、豊かな人生を送ることができます。

ひいては、ステキな恋愛をすることができますよ。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)