男女の関係って、始まるまでが厄介です。

特に、確実に相手が自分のことを好きでいてくれて、自分も相手と付き合いたいと思っているのに、進展しない……。

そんなときには、苛立ちすら感じてしまうのではないでしょうか?

明らかに両想いだと思われるのに、告白してこない男性って何を考えているのでしょう?

その真相に迫ってみました。

「両想いだよね?」気持ちに気づいてても告白してこない男の本音

お金に余裕がない

「気になっている相手がいるけど付き合えないって思うのは、たいていお金の問題ですね。
付き合い始めてもデートで楽しませてあげられないとか嫌じゃないですか。

プレゼントとか色々出費も増えるし。
お金ないからって付き合ったのに振られるのは辛すぎます」(25歳/IT)

お金に余裕がないと付き合うことすらできないなんて、ちょっと寂しい気もします。

ですが、こういう風に感じるのは、その男性が本気で相手を幸せにしたいと願っているからかもしれませんね。

楽しませられる自信がない

「相手がとっても美人とかモテる人だと、自分なんかと付き合っても楽しませられないだろうなって思って告白する勇気がでません。

そういう女性は高根の花というか、もっと相応しい男性がいるって思っちゃって」(23歳/学生)

そんなに自分を卑下しなくても、両想いならさっさと告白してあげた方が相手も喜びそうです。

とはいえ、両想いだとしても自信が持てないという男性もいるんですね。

こういう男性には女性から告白して、自信をつけてあげたくなりませんか?

女性からアプローチした方が話が早そうですね。

他の女性も気になっている

「一度に両想いっぽい人が二人同時進行でできちゃったときは困りましたね。
どちらかを選ぶともう一人は選べなくなるわけじゃないですか……。

すごい葛藤でした。
二股かけるわけにもいかないし。
しばらく悩んでて、その間はどっちつかずでした」(28歳/教育)

もしかしたら告白してこない男性には、他にも気になる女性がいるのかもしれません。

こういう時にそのライバルより一歩抜きんでるためには、積極的なアプローチが有効です。

待ちの姿勢で貫き通していると、惜しい相手を逃す可能性もありますよ。

女性からの告白待ち

「できれば女性から告白してもらいたい。
だって怖いでしょ。振られるの。

好きになればなるほど、振られたときのショックを考えると怖くて行動できなくなります。
待っても待っても何も言われないと諦めることもあります」(25歳/ゲーム)

なんと!お互いに待ち続けて、結局実らない恋はこうやって起こってしまうんですね。

正直もったいなさすぎです。

どうせ付き合えないなら、自分の気持ちをハッキリ伝えてからの方が、納得できるのではないでしょうか。

おわりに

確実に両想いと確信があっても、告白するのをためらっている男心が理解できましたか?

相手のタイプを見極めて、押すべきところは自分から押していきましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)