最近では若くて綺麗なアラサー女子が増えてきたことから、年上の女性とお付き合いをしたいという男性も増えてきました。

年下の男性からみる年上女性の魅力とはいったいどのようなものなのでしょうか。

今回は年上好きな男性に年上アラサー女子の魅力についてお話を聞いてきました。

「ここがいい!」年下男子が語るアラサー女子の魅力とは

頼れるのに立ててくれる

「年上の女性ってそれだけ人生経験も豊富なので頼れる一面があると思うんです。でも、だからってマウンティングしてくるわけでもなく、年下の俺を立ててくれたりするので居心地がすっごいいいんです」(Rさん・26歳男性)

年下の男性から見て、アラサー女子は頼れる存在。

しかし、それを鼻にかけることなく、しっかりと年下の男性に対しても配慮があるという部分は人間として尊敬できる様子。

尊敬できる相手だからこそ、長く付き合いたいと思えるわけです。

「甘えていいよ」

「年下の女性と付き合うと、女性側が甘えてくることが多いと思うんです。男の俺もたまには甘えたいときくらいある。

でも、年上の女性って『甘えていいよ』って言ってくれたりするので、癒やされるんです」(Rさん・25歳男性)

男性の中には恋人の前ではかっこいい男でいなければならないと無意識に思っている人もいます。

そんな男性たちにとって「甘えていいよ」と言ってくれるアラサー女子は癒やしの存在。張り詰めていた気持ちを緩めることができる相手というわけ。

色気が半端ない

「ここがいい!」年下男子が語るアラサー女子の魅力とは

「年下の女性は若いんですけど、ちょっと物足りない。でも、年上のアラサー女子って綺麗な人も多いし、何より色気があるっていうのが魅力的です」(Dさん・27歳男性)

若い女性というのはお肌もピチピチで、カラダも引き締まっています。

しかし、話してみると内面の浅さに気がついてしまうということも。

だから、アラサー女子なら知的で、マナーなどもしっかりしているため、セクシーに映るわけです。

自立している

「自立しているっていうのは大きいと思います。社会経験の差ってやっぱり恋愛にも出ると思うんです。

仕事して自分で稼いで、一人暮らしをしてってなると、人に迷惑をかけないような恋愛の仕方を覚えるのかなって思ってます」(Yさん・28歳男性)

他人に対して依存的な人というのは「会いたい」と言ったり、「なんで連絡くれないの?」と不満をぶつけてしてまうもの。

しかし、アラサー女子というのは甘えることと依存との境界線がしっかりしています。甘えるけれど、重くない。それができるというわけ。

セクシーさと内面がアラサー女子の武器

今回は年下男子が語るアラサー女子の魅力についてご紹介しました。

内面が充実していたり、セクシーであることがアラサー女子の武器。恋愛市場でもしっかりと需要があることが分かります。

そういった魅力をアピールしていくと年下男子を虜にできるはずです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)