愛情表現は、恋人にとってとても大切なコミュニケーション。

二人の愛情表現に差があり過ぎると、いくら愛し合っていても寂しさを感じたり、逆にうっとうしいと感じることも。

だからこそ、どのくらいの愛情をアピールしてくれるかは、見逃せない要素なのです。

そこで今回は、血液型別に「素直になれない彼の“愛情表現”」をご紹介いたします。

A型の彼は…二人でいるときだけこっそり伝える

A型男子の彼は、気持ちや愛情をふたりきりのときにだけ伝えたいと感じるタイプ。

言葉はタイミング次第で相手を傷つけることも癒すこともできるというのを、彼はよく分かっていると言えます。

そのため、彼女には適切なシーンで気持ちを伝えるでしょう。

二人だけの個人的なことを周囲に知られるのがイヤなので、友人などがいると冷たく感じることもあるかもしれません。

そんな彼ですが、二人っきりになるとかなりベッタリなはず。

B型の彼は…ロマンチックなムードでも茶化す

B型男子の彼は、刺激的で飽きのこない楽しい関係を望んでいます。

そのため、友達のように言いにくいことでも、何でも包み隠すことなく笑い話にすることを愛情表現だと考えているかもしれません。

そのため、ロマンチックなムードになったとしても、下ネタや冗談を言ったりして、あなたをイジってくるでしょう。

でも、そこであなたが調子に乗って、あまりに慣れ慣れしくしすぎると、緊張感に欠ける関係になってしまうことも。

けじめをつける事も大切です。

O型の彼は…相手のために厳しめにアドバイスする

O型男子の彼は、相手が成長するために、言いにくいことでもキチンと伝えることを愛情表現だと考えているようです。

アドバイスした瞬間はちょっと気まずくなったとしても、後々恋人にとってプラスになるようなら注意することもいとわないでしょう。

そのため、彼と付き合うと、「厳しいけどいい人だ」と感じることも。

でも、あまりに行きすぎると、ただの“お節介なヤツ”になってしまう恐れが。包容力を持って接しましょう。

AB型の彼は…ベタベタせずにお互いの距離感を大切にする

AB型男子の彼は、付き合っても、お互いの時間や空間を尊重するという姿勢で愛情を表現するタイプかもしれません。

そして、恋人自身も自分のプライベートを大切にしてほしいと感じているかも。

「親しき中にも礼儀あり」という感覚を大事にしている彼なので、会う頻度事態は少なくても通じ合っている状態を理想としているでしょう。

ただ、言わなくてもわかるだろうという過度の期待を恋人にかけるため、空気を読めないと関係がギスギスしがち。

おわりに

愛情表現と一口に言っても、さまざまなものがありますよね。

それは厳しい優しさだったり、距離をとって見守る愛情だったりと、好きでもそれをストレートに表現してもらえないことがあるのです。

そんなとき、彼の心の中はどんな感情が湧きおこっているのでしょう。

もしかすると、そこに気づくことができれば愛情表現を受け止めやすくなるはず。

愛情はまごころですが、表現には何かしらの意図が隠れているのです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)