「いいなあ」と思っているのに、何となく疎遠になってLINEもろくに送れない……。

そんなポジションの男性っていませんか?疎遠だからと連絡しないようでは、縁がどんどん切れていくだけ。

せっかくの出会いも手のなかからこぼれることに。自然に連絡できて、あわよくばデートくらいできるかも?

そんなLINEのネタを考えてみました。

最近連絡していない「気になる人」に送るLINEネタ集

近況報告と見せかけて彼の近況を聞く

こんなときの鉄板、近況報告。

いつも連絡を取っている相手とはしない話題だから、距離を感じさせてしまう面はありますが、なれなれしくなる危険は少なく、安心感があります。

復縁を狙ってる元カレや、友達ぐるみで仲良くしているだけ、というような男性には、近況報告から「最近どう?」と彼の話題につなげていくのが自然でしょう。

自分の話よりも彼の近況をしっかり聞いたほうが、仲良くなるきっかけになります。

早めに彼の話題にシフトし、自分語りにならないように気をつけましょう。

「勤務地が変わったんだけど○○くんの会社も近いよね?」「この前みんなで飲んだら○○くんの話題になって、元気かなって連絡しちゃった」と、彼の話題につながる話題を振りましょう。

教えてください作戦で盛り上げる

このジャンルに詳しいのはあなただと思い出したから、教えてほしい……。

これも、いきなり連絡が来ても不自然に思わないパターンです。

本当に自分の知らないことに限らず、知ってることを聞いてもかまいません。

目的は教えてもらうことではなく会話を盛り上げること。

むしろ自分にも知識のある内容を聞くことで、どんなことを聞けば気分よく彼が話をできるか、ツボをついた対応ができるはず。

「ちょっと本格的な自転車に乗りたいんだけど、初心者にはどんなのがおススメ?」とか、「スニーカーがほしいけど、ありすぎてよくわからないからおススメを教えてほしい」など。

男性の得意分野で、話が盛り上がれば買い物デートに発展するような話題がおすすめです。

シンプルに誘う

最近連絡していない「気になる人」に送るLINEネタ集

回りくどいことをせず、シンプルに誘ってしまった方がよい場合もあります。

「飲み会などで連絡先を交換しただけ」なら、思い切って会社帰りの夕食や、飲みに誘いましょう。

最初は、断る逃げ道を作るためにも、「今夜どう?」的な急でライトな誘いがいいです。断られてもさらっと「そっか残念。じゃあ今度改めてご飯とかどうかな?」と誘いなおせば、思ったより簡単にデートのアポが取れちゃうものです。

コツは「話題のものを食べに行く」など、誘う口実をしっかり作ること。

「どうしても会いたい!」という欲が丸出しではない方が、軽い気持ちで応じやすいでしょう。
そのかわり「なんで俺と行こうって思ったの?とか聞かれない?」なんてびくびくしてはダメです。

こちらの手の内を全部明かす必要はありません。

「なんで急に誘われたのかな?」そんなことは彼が思い悩めばいいことで、あなたが説明してあげる必要はないんですよ。

「用もないのに連絡する」男性は少ない

好かれてないのに、こっちから連絡してもいいの?なんてや悩む必要はありません。

男性には用もないのにLINEする文化がないだけです。

LINEするまで忘れられてたって、「デートでもしてみるか」と思ってもらえればそれでいいじゃないですか。

さらっと誘ってくれる子に悪い感情を持つ人はいません。気になる人にはサクサク連絡しちゃいましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)