男性も「これは返信する必要ないな」と思ったら、容赦なく既読スルーするもの。

だからこそ突発的に連絡をするのではなく、印象の悪いLINEは、できるだけ避けるべきですよね。

そこで今回は「男性が思わず既読スルーしたくなるLINEの特徴」についてご紹介します。

俺にどうしろと…。男性が思わず既読スルーしたくなるLINEの特徴

1.とにかく内容がないLINE

みんな仕事や日々の生活で手いっぱいなもの。

そんなときに「暇なう」「元気?」「遊ぼー」なんて送られてきても、よっぽど好きな子じゃない限り、見なかったことにしたくなります。

しかも「相手してくれる人なら誰でも良い」香りがプンプンするので、メンヘラやチャラチャラした印象にもなりがち。

もし同じように暇LINEを送るなら、「最近少し涼しくなってきたけれど、○○くん元気にしてる?」など、最低でも彼の名前は入れるべき。

そのほうが自分だけにLINEをしてくれたと思えるし、彼からしても「何かあったのかな?」と気を使う余裕が出るでしょう。

2.自分で決めるべき内容

あとは女性からしたら重大な問題なのかもしれませんが、傍から見たらどうでもいいこと。

たとえば「私って何色が似合うと思う?」とか「次の髪型どうしたら良い?」とか。

こういうのって基本男性が意見したところで、「え~。でもさぁ……」と言われるのがオチですからね。

まぁ面倒なので既読スルーしたくなります。

場合によっては「自分のことも決められない優柔不断な子」と思われる可能性があるので気を付けましょう。

3.恨みたっぷりの元カレや友達のグチ

俺にどうしろと…。男性が思わず既読スルーしたくなるLINEの特徴

グチも軽いものであれば話のネタになりますが、誰も興味ないのに詳細を語りだしたり、「ウザすぎて消えろって思うわ」と暴言を吐いてしまうとアウト。

男性も「そんなんだからトラブルになるんじゃないの?」とあなたに不信感を抱きます。

また気を利かせて「じゃあ今度飲みに行く?色々話聞くよ!」と言ってくれる男性もいますよね。でも「それはちょっと……」と拒否されるとイライラ。

どんなに寛容な男性でも「俺だってそんなに暇じゃないんだけど!」と既読スルーしたくなります。

恨み辛みはぶちまけても印象が悪くなるだけ。できるだけ自分の中で消化しましょう。

おわりに

いちど既読スルーをされてしまうと、向こうからの連絡はなかなか期待できません。

かといって自分からまたLINEをするのもしつこい女と思われそうで、なかなか勇気のいる行動ですよね。

だからこそLINEを送る際は慎重に! 自分本位の内容にするのではなく、相手が返しやすい文章を目指しましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)