LINEって一度スルーされてしまうと、次が送りづらくなりますよね。

「私のLINEが迷惑だったのかな?」と不安になりますし、できれば上手にラリーを続けていきたいところ。

そのテクニックに長けているのが、モテ女子です。

そこで今回は「男性とのLINEを続ける方法」について、いくつかリサーチしてみました。

モテ女子に学ぶ!男性とのLINEを続けるために気を付けていることって?

1.丁寧な文章を心掛ける

「短文でのやり取りが続くのって、基本付き合ってからだと思う。まだ交際できるかわからない段階であれば、できるだけ丁寧な文章を送ったほうが良いと思います」(25歳/経理)

多少誤字があったとしても、「色々考えて文章送ってくれたんだな」と伝わるLINEのほうが、男性も嬉しいものです。

彼から連絡が来たら秒で短文、返事が来ないからと催促、スタ連するくらいであれば、1通1通に気持ちを込めたほうが逆に効率が良いですしね。

2.嬉しかったことや思ったことを具体的に伝える

「彼とデートしたあとは、嬉しかったことやなどを必ず伝えています。『今日行ったお店、日本酒が一番好きでした!』とか『実はあのとき言えなかったんですけど、緊張して手汗がすごくて(笑)』とか。自分が本当に感じたことだからウソっぽくならないし、男性もテンション高めの返事をくれますよ」(29歳/販売)

「今日はごちそうさまでした!」だけでは、数回のやり取りで終わってしまいますよね。

LINEを続けたいのであれば、女性のほうから素直な気持ちをできるだけ具体的に伝えましょう。

彼も「そんなこと思っていたなんて知らなかった!」と、親近感を持ってくれること間違いなし。

そして「じゃあ次はおいしい日本酒がある店を探してみるね!」など、肝心の次のデートにも誘ってもらえますよ。

3.スタンプを乱用しすぎない

モテ女子に学ぶ!男性とのLINEを続けるために気を付けていることって?

「スタンプで会話が終了しちゃうことってよくあるから、いざというときしか使わない。使うときもできるだけかわいいのにして、女性らしいLINEを意識していますね」(31歳/IT)

スタンプって便利ですが、一歩間違えると「俺とのLINEが面倒なのかな?」と誤解される要因に。

できれば自分で文章を考えて送ったほうが、印象は良いですよね。

あとはネタ系スタンプばかり使っていると、笑いに走っている感が……。彼も友達とLINEをしている気持ちになりかねません。

男性がなかなか使わないかわいいスタンプを送ることで、「やっぱり女子なんだな~!」と思ってもらえますよ。

おわりに

LINEはお互いの顔が見えないからこそ、気持ちが伝わりやすいように、やや大胆に攻めるべき。

男性もそのほうが「俺とのLINE楽しんでくれているんだな」と返信しやすくなりますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)