男性との距離を縮める上で、LINEをフル活用している人は多いはず。だけど人によって考えかたが違うように、LINEの使い道も異なりますよね。

そのため彼のLINEを“恋愛マニュアル”に当てはめて、一喜一憂するのはちょっと違うかも。

そこで今回は“LINEの返事だけではわからない彼の本当の気持ち”についてご紹介します。

LINEの返事だけではわからない彼の本当の気持ち

返信の早い遅いはあまり関係ない?

つい気になってしまうのが、返信の早さですよね。

返信が早いほうが好意がある、逆に遅いと興味を持たれていない……と考える人は多いと思います。

でも返信のスピードやLINEの優先順位って人それぞれ。

気になる子とは常々やり取りをしたい男性もいれば、仕事が終わったあとに、ゆっくりLINEを楽しみたい人もいます。

待つ側にとって大切なのは、どんなに返事が遅くても絶対に“催促LINE”をしないこと。

この催促LINEが1通届くだけで、彼の中にほんのりあった好意も途端に薄れてしまうのです。

ただ未読or既読スルーされるようであれば、好意は持たれていない可能性が高いもの。

この場合は彼を待ち続けるのではなく、次へ行った方が良さそうです。

“長文=好意がある”とは限らない

LINEの返事だけではわからない彼の本当の気持ち

あとは短文か、長文かも気になる点ですよね。

たしかにある程度疑問文や自分の話が織り交ぜてあるLINEのほうが、好意は感じられるもの。

でも「本気であなたのことが好きなのか?」と問われると、必ずしもイコールにはならないかも……。

彼がマメで女好きの場合、長文LINEが苦にならないので、色んな女性に送っている可能性がありますからね。

逆に短文でもあなたに好意があって、やり取りを続けたいと思っていることもあります。

見分けかたって難しいですが、やはりここは内容を重視すべき。

長文でも定型文が続く、「みんなで遊ぼう!」などのワードが入ってくるようであれば、ここから恋愛に発展させるのは難しいかも。

また短文でも自分に興味を持ってくれる、たまに写真が送られてくるなどの“特別感”があるのなら、ここから良い方向に関係が変わっていく可能性はあるでしょう。

LINEもいいけど、まずはデートへ!

当たり前ですが、人の気持ちってLINEだけではわかりません。

だけど彼からなかなか連絡が来ないと、「本当は好きじゃないのかな」とネガティブに考えてしまいます。

でも別に彼からフラれたわけじゃないのですから、それは単なる自分の思い込みかもしれないですよね。

だからこそLINEだけから脈アリを判断するだけじゃなく、まずは彼とデートをしてみましょう。

目を見て彼と直接会話をすれば、新しい何かに気付けるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)