不意に「彼氏と長続きするかな……」と考えてしまうことはありませんか?

ちょっとケンカが増えてきたり、価値観が違うところに気が付いたりすると、余計にそう思うかもしれません。

いまの彼と長続きするか、いくつかのポイントから診断してみて。

いまの彼と長続きする?長続きする・しない診断4つ

デート中の不満を伝えられるか?

デート中に不満を感じることはありますか?

もちろん、不満があると長続きしないというわけではありません。それは誰しも、どのカップルにもあるものです。

診断ポイントは、デート中の不満を「我慢しているか」「すぐに伝えることができるか」です。

我慢しているならあまり良くない傾向。その場は良くても、納得してないことが溜まりに溜まって、いつか爆発してしまうかも……。

不満を感じても、穏やかな口調でしっかり気持ちを伝えられているなら、彼との付き合いは長続きするはず。

言いにくいこともしっかり伝えられるかどうかが大切です。

連絡頻度に偏りがあるか?

気が付けば自分からばかり連絡していたり、デートに誘っていたりしていませんか?

もちろん、多少の偏りがある程度なら問題ありません。ふたりなりに、それでちょうどいいバランスがとれている、なんてこともあります。

長続きしないのは「連絡しないと忘れられるかも……」と、無理に自分からばかり連絡しているとき。

こういった状態の場合、本当はもっと彼から連絡してほしいと感じていて、意外とストレスが溜まっています。

一度、連絡を取り合うことへの彼の価値観を確認してみてもよいでしょう。

納得できればストレスが減りますし、リクエストするいい機会になるはずです。

仲直りするときにだけ、愛を感じる?

いまの彼と長続きする?長続きする・しない診断4つ

「ケンカしちゃうこともあるけど、仲直りするときに、より特別な愛を感じる!」なんてことはありませんか?

その頻度が多いようであれば、長続きしないかもしれません。

これは、お互いその場の感情に左右されやすい証拠。信頼関係を築くという観点では、かなり不安定な状態と推測できます。

長続きさせるためには、ケンカになる前に冷静に話し合える関係性であることが大切。

ちょっとした誤解や思い込みやすれ違いが減るため、心に余裕ができます。

その分、もっと相手を気遣い、知り、愛し、信頼関係を強くできるので、長続きするというわけです。

Hの前後に不安や寂しさがある?

Hの前に「ちゃんと満足できる?」「彼はなにをリクエストしてくるんだろ……」と不安に感じていたり、Hの後はなんだか放置されているように感じるようだと、黄色信号かもしれません。

セックスは本能的に興奮するものですから、その人の本性が出やすいものでもあります。

丸裸の気持ちが触れ合うときでも、彼の機嫌を損ねることを心配せず、自分の気持ちも素直に伝えられる。

そして彼も毎回よく聞いてくれるようなら、きっとふたりは長続きするはずです。

おわりに

愛がある証拠かも!と思っていたようなことでも、長続きするかしないかという観点で見ると、不安要素になることもあります。

大切なのは、バランスがとれていることと、素直な気持ちを伝えられているかどうか。

不安があるときは、恋愛コラムで解決方法を探すのも良いですが、一番は彼とよく話し合うこと。

これが「一番長続きする方法」であることは、世界共通事項なのですから。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)