「気になる彼を射止めたい!」「彼氏に愛されたい!」

……デートは、そんな思いを実現する最大のチャンス。

とはいえ、「必死すぎる」という形で伝わってしまうと逆効果になりかねません。

そこで今回は、必死すぎてドン引きしたデート体験談を男性に調査!

男性の意見を事前にチェックしておけば、きっと必死過ぎデートを回避できるはずです。

男性に調査!必死すぎて萎えたデート体験談3つ

好きなもの以外はNG扱い

「デート中いい感じのお店が目に留まったので、『あ、ここよさそうじゃない?』と言いました。
『ここ?牛肉のお店っぽいね。』『○○くん鶏肉が好きだからダメだね!』『好きなものじゃないと!』と、ものすごい厳選してくるんです。

好みに合わせてくれようとするのは嬉しいんですが、もっと気楽でいいんじゃないですかね?」(30歳・男性・会社員)

相手の好みに合わせようとするのは、悪いことではありませんが、そのことに必死になるのはNG。

それよりも、相手と一緒の時間を楽しむことをメインに!

なによりも、あなたが楽しんでいることが、彼の好意を得ることに繋がるのですよ。

デートのたびに服と髪に散財…

「付き合いたての彼女が、デートの度に『コレ買ったの!』と、服やアクセサリを見せてきます。
髪型も毎回変っていたり、凝っていたり、美容室にいってるみたいで……。

付き合いたてですし、『カワイイよ』と、毎回言ってあげてますが、いったいいくらお金を使ってるのかな……、と心配になります。
着飾った姿に惚れたわけではないので、そんなに気合いを入れてくれなくてもいいんですけどね……」(24歳・男性・服飾デザイナー)

付き合いたてならなおのこと、「一番可愛い自分を見てもらいたい!」と思ってしまうかもしれません。

でも、自分を飾ることにお金をかけすぎないよう注意しておきたいもの……。

会話や笑顔、一緒にいる時間を楽しむことがデートのメインです。

ちょっとだけオシャレをして、あとは楽しく過ごすことに意識を集中。

これこそ、一番可愛く見てもらえるコツですよ。

あからさまなアピール

「毎回デートの度に体を押し付けてきたり、ボディタッチがしつこいくらいだったり、服装も谷間や脚が見えるものばかりで……。
嬉しくないかと言えばそういうわけでもないですが、『彼女にしたいか?』と言われると、必死すぎてちょっと……ですかね」(29歳・男性・証券会社勤務)

こうしたアピールも有効な場面はあると思いますが、露骨すぎると引かれてしまいがち。

それよりも、仕草や表情、ちょっとした言動で、好意をアピールしたほうがよさそうです。

おわりに

必死になっているということは、視野が狭くなっている証拠です。

周りが見えていないと、彼がどう感じているかもわからなくなりがち……。

ドキドキしたり、「大好き!」と感じたりしているときこそ、落ち着いて客観的に自分を見れるよう意識しておきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)